業務日記

相手が思う通りに動いてくれないときは、相手の話を箇条書きにする習慣を持つ

我慢できないこともあるし、変化してほしいと思うこともある。そうして「ダメだよそんなんじゃ」と口走れば後の祭り。売り言葉と買い言葉の応酬が続いて、もう議論にはならなくなってしまう。

主張したいことを通したければ、相手の言い分をしっかり聞く必要がある。反論を前提とせず、相手の話の共感できるポイントをインタビュアーになったつもりで掘り下げていく。そこに対話が生まれると、相手も自分の意見を尊重してくれるようになる。結果、物事は動き始める。

言い争うことが目的なのではなく、理想に近づけていくことが目的なのだから相手も動いてくれるような土壌を作っていくことが大切。相手が思う通りに動いてくれないと苛立ちを覚えるときは、相手から聞き出したことを箇条書きしていくようにしてみる。自分の言いたいことがリストになっているのではなく、相手から聞いたことがリストになっているかどうか。この数の多さが人間関係を良好に保ち、建設的な議論を行うポイントである。