川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

相手が思う通りに動いてくれないときは、相手の話を箇条書きにする習慣を持つ

投稿日:

我慢できないこともあるし、変化してほしいと思うこともある。そうして「ダメだよそんなんじゃ」と口走れば後の祭り。売り言葉と買い言葉の応酬が続いて、もう議論にはならなくなってしまう。

主張したいことを通したければ、相手の言い分をしっかり聞く必要がある。反論を前提とせず、相手の話の共感できるポイントをインタビュアーになったつもりで掘り下げていく。そこに対話が生まれると、相手も自分の意見を尊重してくれるようになる。結果、物事は動き始める。

言い争うことが目的なのではなく、理想に近づけていくことが目的なのだから相手も動いてくれるような土壌を作っていくことが大切。相手が思う通りに動いてくれないと苛立ちを覚えるときは、相手から聞き出したことを箇条書きしていくようにしてみる。自分の言いたいことがリストになっているのではなく、相手から聞いたことがリストになっているかどうか。この数の多さが人間関係を良好に保ち、建設的な議論を行うポイントである。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

かかりつけ医! 神戸市長田区の、オススメ!

我が社の顧問医師、田中診療所の田中先生が事務所にやって来て下さいました。 わざわざ差し入れまで持って・・・。暑い中、本当にどうも、ありがとうございます。 とても気さくな先生。自らもサッカーをされ、ヴィ …

no image

お客さんは見せかけの安さよりも実質的なコストパフォーマンスを意識する

契約書でもお客さんとのメールのやり取りでもそう。 僕は「ただし※※に限ります」という表現の仕方はしないようにお客さんにアドバイスをしている。お客さんは自分にとってメリットになる言葉と同じくらい、小さな …

no image

お腹を空かせている人と寿司職人と僕と親切と無責任の話

お腹を空かせている人がいたとしましょう。 僕はその人のために、友だちの寿司職人を呼ぶのです。「お腹が空いて困っているんだ。何か握ってあげてよ」 そうしてお腹が満ちたときに、僕は言います。「じゃ、支払い …

ノルマという言葉を使う人の背中に。

「社員と心を通い合わせたかったら、一緒に風呂でも入れ!」 心さらけ出す、対等な立場での付き合いを主張するNさん。 なるほど、もっともな意見だ。 社員の立場だった時に「されて」イヤだったことは、自分が社 …

no image

コピーライティングのヒントと川柳講座と 於:株式会社ジャム・デザインさん

今日は三宮のジャムデザインさんで「日常にあるコピーライティングのヒントと言葉の選び方講座」を。言葉の面白さを伝える機会をいただけるのは有り難いことです。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 ( …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)