業務日記

ミスは叱らない、約束は破ったら怒る

誰もいないと思って熱唱していると、テトラポッドの陰で釣り人が聞いてくれている夜の大蔵海岸。

「ミスは叱らない、約束を破ったら怒る」- 小さくても組織。リーダーとして、いつもその線は意識し続けている。もっとも、負の感情をぶつけるのは、例えそれが本人のためであれお客さんのためであれ苦手だ。言うだけのことを自分は出来ているのだろうかと悩んでしまう。人材教育という言葉には「経営者様でござい」という響きが含まれているようで、なんとなく避けている自分がいる。僕はそんなに立派じゃない。

誰かが引き受けなくてはならない役回り。わかってはいるけれど、孤独と焦燥がしんどくなることもある。雨の上がったばかりの海岸は人影もまばらで、物思いに耽るにら都合が良い。

残念ながら歌って発散することは、冒頭の理由により断念したのだけれど。