雑記

男だって肌が白くなるトマトリコピンの美白効果

ミニトマト以上ふつうサイズ以下のトマトのことを何と呼ぶのかはわからないけれど、切ったり剥いたりといった作業を一切せずに、まんまを齧りついて朝を始動していくことにハマっている。トマトを齧ってトマトジュースも飲むのだから、余程のトマト好き。昔から、土をいじって育てるといえばトマトばかりだった。男のくせに肌が白いと言われるのは、もしかするとリコピンの効果が顕著に現れやすいのかもしれない。

朝にトマトを食べると、その日の疲れ方が違うから面白い。食べないで過ごせば、もう夕方あたりには倦怠感や眠気がやってきてしまうのに、トマトを食べた日はそれをやり過ごすことができる。身体の芯にエネルギーが残っていて、覆い被さろうとする重たい感覚を取り払っていくような感覚。底力が出るなぁと思うのはいつもトマトを食べた日で、夜の会合や付き合いがあって遅くなる日の朝はちゃんとトマトを決めておく必要がある。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」という言葉に頷きながら、一週間分のトマトを買い込んで月曜日の朝を迎える。気合いの入る週末の行事の一つである。