業務日記

僕は僕をバカと言ってもらえるような生き方をしたい ~デーブスペクターさんや高田純次さんに憧れて

デーブ・スペクターさんや高田純次さんのようになりたいと思う。

テキトーなことを言うようでいて、その場の誰も不快にさせず笑わせる。頭の回転が良くなければ無理で、ひとの気持ちを想像できなければ出来ないこと。教科書に書いてあるようなことを「べき論」で教えてくれる人も多いけれど、場の空気を和ませることを咄嗟に言う技術は教科書の何処にも書いていない。天才で、そして、優しい人なんだなぁと思う。

第一印象がどうとか、身だしなみがどうとか、枝葉なんじゃないかと考えてる。ひとの本質、性格、人柄、つまり幹を見ることを忘れてはいけない。「第一印象」云々のビジネスが増えてきて以後、僕たちはその言葉に惑わされ過ぎている傾向もあるように思う。

「第一印象で決まる」という考え方は「第一印象で決める」という偏見に繋がる可能性を含むことでもあり、その人の本質に目を向けられない重大な機会損失になってしまう場合もあり得るということだ。

引用元:「第一印象で決まる」という考え方は「第一印象で決める」という偏見に繋がる可能性もある | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

バカでありたい。そしてバカだなぁお前はと言われ続けたい。

バカであると言ってもらえる人間関係に、影の差すことはあるだろうか。自分とは違う考え方の誰かを「バカである」と言って無駄に時間を過ごすくらいならば、僕は僕をバカと言ってもらえるような生き方をしていきたいと願う。