業務日記

「手法」は「勘」を否定するけれど、「手法」は「想像」には及ばない

ガラケーからiPhoneに機種変更した母親が、LINEのスタンプ機能が楽しい楽しいと言って送りつけてくる。物事の価値はすべて数値で表されるとは限らないし、精神的な充足が本人や周囲にもたらす効果は想像力によってのみ認められる。これは商売でも同じこと。「手法」で解決することは知れていて、
「本質」と「想像」を大切にしている人のところにはやっぱり人が集まって物が動いていく。「想像」と「勘」は似ているようで違う。「手法」は「勘」を否定するけれど、「手法」は「想像」には及ばない。そして「想像」はトレーニングによって高めることができる。

曖昧なようで、曖昧ではないもの、想像力。語学のようなそれは、一日では成らなくても、少しずつ形成されていく。「売る」のではなく「選ばれる」ために必要なチカラだと信じているからこそ、価値とトレーニングの方法を伝えていきたいと思う。