川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

貼らないカイロが貼るカイロになって、また貼らないカイロになる ~ホッカイロを開発した白元の経営破たん

投稿日:

貼らないホッカイロという商品名を見て、それは普通のカイロのことだろうと思った。ああそうか、「貼るタイプ」が世に出回って、一周まわって「貼らない」と明示する必要があるのだと気がついたのはしばらくして。

ホッカイロを開発した白元さんは、民事再生手続開始の申立てを行って経営再建に取り組んでいるところ。いまはホッカイロの販売を行うものの、開発と製造はウナコーワなどでお馴染みの興和株式会社さんが行っているらしい。

白元破たん、老舗日用品メーカーはどこで“誤った”? 3代目社長の暴走と、ずさんな財務 | ビジネスジャーナル

経営破たんに至るまでのあれこれを知る。規模の大小にかかわらず、想いと歴史の積み重なったひとつの存在が薄くなっていくのは、商売を営む者として筆舌に尽くし難い。ギリギリまで生きようとしたことが伝わってくる。

神戸に初雪、寒い一日。カイロに触れながら、歴史の始まりと終わりを思う。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

謙虚は大事、謙遜しすぎないのは大事、それが一番大事

おべんちゃらを言うことは、好きとか嫌いとかではなく、面倒だな、と思う。 利害関係を考えて、相手の自尊心をくすぐるようなことを言うのは営業の人間であれば当たり前だと言われるかもしれない。ただ、ひとは、自 …

no image

新幹線の7分間の奇跡 ~おもてなしの心と標準化の仕組みと

東京駅に到着した新幹線の、折り返し発車するまでの7分間で行われる清掃の様子が評判になっている。 限られた時間のなかで行うお客様をお迎えするための準備。「おもてなし」や「笑顔」という気持ちを持つことは大 …

no image

成功しやすい女性起業家の人物像

起業そのものは簡単なことで、誰にだって出来る。 難しいのは信用を得て収入を得ていく、雇用する、法人格を取って更に信用を高めて会社を存続安定させていくこと。起業を語る人は多くても、企業を語る人になると減 …

ランドセルからはみ出していた30cm定規と、海底に沈んでいった1400mのパイプと、いつかの僕の夢の長さと

ランドセルには30cm定規がはみ出していて、ファミコンのカセットは4980円だった。だから今でも、30cm以上の長さは感覚的に捉えられないし、5000円以上は大金だと思ってしまう。三つ子の魂百まで。僕 …

no image

表現にこだわって、姿勢を改め意識する。

「下請け」や「業者」という言葉を使わないようにしています。 下に見られるのも、下に見るのも嫌。仕事は、いつも対等でありたい。 そこで、あえて「取引先」というような言い方をして、それを自分に言い聞かせて …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)