業務日記

聞きたかったのはあなたがかつて勤めていた企業の看板ではなく

年が明けてから新しい仕事のご依頼が殺到していて、これはだめだこれは落ち着いて考えようと通い慣れない「すたばぁ」なるお店で腰を据えたところ、やはりどうにも居心地がよろしくない。あいやこれは、けっしてお店の所為であるというのではなく、どうにも自分は洒落た空気に馴染んでおらず、お店の方や他のお客様にご迷惑をおかけしているのではないかと思う心がそうさせているものであって、どうか誤解のありませぬよう。

新しい試みのひとつふたつ。扉の向こうの新しい面々。リスクを取らない立場で「こうやればもっと良くなりますよ」と言われても説得力はなく丁重にお断り申し上げた。どこかで勤めていたというキャリアよりも、あなたが起業してから実際に誰にどんな効果をもたらしたのかということを聞きたかった次第。