川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

経営者に評価されるための仕事をするのでなく、お客さんに選ばれてこそ ~仮説を経験に、商品に

投稿日:

目標は具体的であればあるほど良いが、数字を伴う場合、その根拠を求められる場合がある。それでも思うのは、僕たちは中小零細企業であって、その予測をするために費やせる予算と時間は限られているということだ。僕はだから、ここの数字は完全なでっち上げで構わないと思っている。ただ、でっち上げが大きくなりすぎると夢物語と揶揄されてしまうようになる。仕事をしていくうえで、これはノイズになってしまい精神衛生上よろしくない。ある程度現実的な数字で、それっぽく伝えるトークの仕方を研究する。「仮説」と自分で呼んでみる。その程度でいいじゃない。経営者に評価されるために仕事をしているのではない。お客さんに選ばれたらそれで良いのだ。

僕はこの記事を「ソフトバンク 機種変更」「iPhone 機種変更 アドレス 使えない」などのキーワードで検索されることを想定して書いた。そして、機種変更は週末に行われることが多いから、土曜日や日曜日にアクセスが増えるのではないかと予想をした。

結果は見事その通りで、週末になるとこの記事へのアクセスは普段の4~5倍以上になる。つまり「仮説が立証」されたわけだ。

仮説を立てる、そして実行して結果を出す。このプロセス自体が僕の「ノウハウ=商品」となって、お客さんに選んでいただくための材料の一つとなっていく。風が吹けば飛ぶような小さな小さな存在は、こうやって自分の出した結果をカタチにしていくことでしか評価は得られない。知識ではなく、経験を売る。僕の競合にはコンサルタントを自称する人たちがたくさんいるが、資格でも肩書きでもなく、僕はこの経験を認めて選んでいただけるよう、旗をしっかり振り続けていきたい。負けるのはやっぱり悔しい。

失敗も含めての経験、僕の価値。いくつもの実験を並行して、「僕はこんなことをやってきましたよ」を言葉で伝える。知識は誰にでも伝えられるが、経験は僕だけのものだ。それが僕の誇りでもある。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

ランドセルからはみ出していた30cm定規と、海底に沈んでいった1400mのパイプと、いつかの僕の夢の長さと

ランドセルには30cm定規がはみ出していて、ファミコンのカセットは4980円だった。だから今でも、30cm以上の長さは感覚的に捉えられないし、5000円以上は大金だと思ってしまう。三つ子の魂百まで。僕 …

印刷会社のしてはいけないミスのこと。

あるお客様の仕事で、うちのミスがあり、ご迷惑をおかけしてしました。申し訳ございません。 たとえばJR西日本さん。 本来、鉄道の「鉄」という字の右側は「失」と書くのですが、「金を失う」では縁起が悪いとい …

no image

相手から何を得るのか、ではなく、相手に何を与えられるのか ~循環は、はじまりの一点から

「こんな風に真剣になっている横顔を撮影してあげたいな」とか「この笑顔を写真にしてあげると喜ばれるんじゃないかな」だとか。あるいは「この素敵な人柄を、こんな文章で紹介してみせよう」なんかも。 自分の表現 …

新開地駅の立ち食いそば屋さん「高速そば」に学ぶ、教科書にないデザインと商売のこと

うちの会社の最寄り駅は阪神と阪急と神鉄、そして山陽電車が相乗りをしている新開地駅。この駅構内にある「高速そば」という立ち食いそばのお店で、スタミナうどんにコロッケを載せて食べるのは僕のお気に入りだ。 …

no image

自分から語るのではなくて、相手から聞いてもらえるようにする会話の工夫

仕事がなければお金もない。お家騒動がバレてはいけないので自分が経営者になったことも明かさない。勢いだけで社長になって20日目、銀行からかかってきた電話で会社のお金に口座がないことを知る(あるもんだと思 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)