川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

ブログ論 業務日記

wantに応えられるブログ記事を用意しておくのはおもてなしの気持ち ~秋になるとアクセスの増える記事たち

投稿日:2016年7月22日 更新日:

毎日欠かさずブログを更新していると、検索から、色々なキーワードで人が訪れてくれるようになる。ひとが検索に向かうときは何かしらのwantがあるとき(want,want to do,want to know…)。そのwantに応えられるコンテンツを用意しておくというのは、お客様をどんな風にお迎えしようかと想像するおもてなしの感覚。想像通りに人が満ちていく、記事たちの小部屋を眺めていると幸せな気持ちになる。

盛夏、とはいえ、夏至を過ぎれば少しずつ秋へと向かっていく。そんな変化は、どのブログ記事にアクセスが増えているかを眺めているだけで感じることができて面白い。

7月の後半になってアクセスの増えた記事たち。

アンデスメロンの名前の由来 ~アンデス産ではなくダジャレだった | コトバノ

メロンにはナトリウムを排泄する作用があって、腎臓の良くなかった父は好んで食べていたことを思い出す。そのアンデスメロンの由来がダジャレだったということについて。

「天高く馬肥ゆる秋」の本当の意味は、のんびりしたものではなかった! | コトバノ

「秋味(あきあじ)といえば秋刀魚だよね」という表現が誤りである理由 ~秋味とは | コトバノ

「爽やか(さわやか)」の意味と使い方に注意 ~「風薫る爽やかな季節となりましたが」はOK? | コトバノ

秋といえば食欲。そして爽やかな風、のんびりと流れる雲。このあたりの連想から言葉の使い方について検索する人が増える。

夏の終わりに聞こえる虫の声は? ~閻魔コオロギ? エンマコオロギ? | コトバノ

秋は音の美しい季節だなぁといつも思う。見えなくても在る。その存在について、「夏の終わり 虫」「夏 鳴き声」などで検索されるのではないかと想像して書いた記事。同じ情調に浸る人たちがいるのだと思うと、書き手冥利に尽きるというものである。

Google

Google

-ブログ論, 業務日記

執筆者:

関連記事

no image

ブログを仕事に生かすということ、ブログを継続するということ

久々にコトバノを二日連続で更新した。 「下さい」と「ください」の意味の違いと使い分け ~英語にすると区別しやすい! | コトバノ 「お名前を頂戴する」という誤った敬語を使っていませんか? ~「頂戴」と …

no image

名刺交換のコツは、足し算ではなく引き算の文面にあった

一か月以上続いた咳が落ち着いたと思ったら、胃の痛みに悪寒がして発熱。病院で点滴を受けて、薬袋を肌身離さず持ち歩いた。頭のぼーっとしている時間も長くなって、月末の支払いでは必要のないところにまで振込処理 …

no image

初物の金額にケチをつけるような、無粋な真似はしない

セミは虫たちに主役を譲って、月は歌われるための顔をして宙に浮かぶ。最高気温が30度を超えない日が続くのを天気予報で見つけると、本当に夏が終わっていくんだなぁという感慨を覚える。 延長戦のような夕方から …

no image

こっち側の当たり前があっち側の当たり前であるとは限らない ~クオリティと姿勢に問題のある同業の人たちと関わって

同じ印刷業界だから事情がわかって寛大になれることもあるし、その逆もある。 自分がライティングや取材で関わっている冊子の編集委員会には、ある印刷会社の人も来ているのだけれど、せっかく会議に参加していても …

no image

50万円までもらえる! 広告宣伝に関する補助金について(小規模事業者持続化補助金)

チラシの印刷やホームページのリニューアルなど、広告宣伝に関する費用を2/3まで補助してくれる制度がある(補助額の上限は50万円)。また委託費や専門家への謝金としてもこの制度は利用可能なので、紙媒体やデ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)