動画

秋の季語であるヒグラシは、夏の始まりからずっといるということ ~カタチのない音や匂いに

神戸市西区の如意寺で収録したヒグラシの鳴き声。

物悲しい鳴き声は秋の季語にもなっているが、神戸あたりでは、少し山間に行けば7月の初めくらいから聞くことができる。この動画は2016年7月23日に撮影したもの。

何も考えずに、目を閉じてずっとこんな場所で過ごしてみたいと思う。今はなかなかそれが叶わないけれど。

音や匂いや、カタチのないものが与えてくれる効果は自分には大きい。ときの流れが緩やかになる空間に憧れは強くなるばかりだ。