川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

相手から何を得るのか、ではなく、相手に何を与えられるのか ~循環は、はじまりの一点から

投稿日:2016年8月9日 更新日:

「こんな風に真剣になっている横顔を撮影してあげたいな」とか「この笑顔を写真にしてあげると喜ばれるんじゃないかな」だとか。あるいは「この素敵な人柄を、こんな文章で紹介してみせよう」なんかも。

自分の表現の何かが相手に喜ばれて、それが次の機会を運んできてくれる。循環。始まりはいつも、「得意」や「経験」ではなく、喜んでほしいという「想い」から。その一瞬、その一点。背中に長い定規を入れて遊んだように、軸をもって、相手の喜びを自分のエネルギーに変換していく。だから続けられるのだと思う。

相手から何を得るのか、ではなく、相手に何を与えられるのか。普段仕事をしていて埋没しがちな初心や原点を、思い出させてくれるのはお客様の声だ。その声を聞きたい一心で尽くす。やっぱりそれが、僕の思う商売人の在り方なのである。

循環は、はじまりの一点から。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

自慢と自虐 ~「しゅっ」よりも「どてっ」と

【速報】弊社社員、Googleで「嘘っぽい笑顔」と画像検索すると、最上位に表示されることが判明。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年6月9日 伝えているつもりで伝わ …

no image

神戸の前川企画印刷、新サービスのキーワードは「禁煙」。

ところでこの秋、神戸の前川企画印刷。 立て続けに、新しいサービスを始めます。デザイナー泣かせの、オリジナルデザイン名刺が100枚で1000円のブロガー名刺は勿論これからもデザイナーを泣かせ続けるための …

shop

商売に想像力を費やすということ ~ゴールはお客様が買う場面ではなく、買った後の余韻の場面に設定する

経営者は良くも悪くも数字で判断されるものです。 ただ、その数字という結果に至るまでには、どれだけの「ありがとう」を集められるかが大切だと思うのです。「ありがとう」を集めるための姿勢、戦略、ブランディン …

no image

本気の悔し涙を流せたことが、僕の仕事の誇りなのだと思った

11年目の新しい期が始まったその初日にトラブルがあった。 テキストもテキストを飾るデザインも、一体となってメッセージ。不本意に削られたり手を加えられたりしたものは、真意から遠ざかる。真意ではないものに …

no image

神戸の経営者、孤独とため息とやりがいと。

中小企業家同友会のブロック会、プレミーティングに参加。 経営者は孤独という言葉を何度も聞くけれど、本音のこぼれやすいこうした小さな集まりでは、それを益々実感します。 9月には、自分が経営体験報告を発表 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)