雑記

通り過ぎていく時間が歴史になることを目撃する

大阪名物の訃報。

土曜日の放課後はご褒美のような高揚があって大好きだった。その大好きな景色のなかに、関西のコテコテがあって、僕たちのDNAは形成されている。当たり前の螺旋が、もう、歴史になってしまったということが寂しい。生きているということは、通り過ぎていく時間が過去になっていくことを目撃するということなんだな。