川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

それは管理なのか、リーダーシップなのか ~血の通わない知識、涙すらも含む経験

投稿日:2017年1月6日 更新日:

僕たちは管理されようとすると、反発を覚えてしまう。どこかで「マネージメント」なんたらを学んできたような人の言葉を聞いて、それに素直に従えないのは、「管理するためのアクション」であることが見え隠れしてしまうからなのかもしれない。

では、この人ならついていきたくなるという、あの感覚とは何が違うのだろう。言葉が聞こえてくるのではなく、背中が見ええてくる感覚。僕はそこに、「経験の有無」が大きく関係しているのではないかと仮定をしている。

知識にはまだ、血が通っていない。経験には、涙すらも含まれている。だから、経験の言葉は、「私はこうした」と、主語が「私は」になる。知識を語る人たちは、「マーケティング論によると」「一般的な考え方として」と、他人の言葉を借りてきて話そうとする。少なくとも僕自身は、他人の言葉を使う人の背中に魅力を感じることはない。

知識は効率よく吸収することはできる。それでも、遠回りに見えるような道を選んで自ら経験することが、結果的にはアリとキリギリスなのではないかと思う。自分でリスクを背負って生きてきた人の背中は強い。誰かの背を見て思うからこそ、自分もかくありたいと願う。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

法人ではない個人事業主が「会社」「当社」「弊社」「自社」という言葉を用いることについて

個人事業を営まれる方から、自分のお店や事務所の呼称について相談を受けることがある。 第七条  会社でない者は、その名称又は商号中に、会社であると誤認されるおそれのある文字を用いてはならない。 引用元: …

息遣いが伝わるだけで、世の中は僕たちに近くなる

12月29日、年内最終営業日。 大掃除をしたり、来年やるべきことを書きだしてみたり。 100点を目指しても走り出さなければ0点なわけで。だったら60点の自分を許容しよう。60点の自分たちを見てもらえる …

突然社長が死んでしまうことを想定した中小企業の組織論 ~出来ることをやらない覚悟

僕が小学生だった頃に父が発症して、医師からは「生きている人間の数値ではない」と言われたことを覚えている。眠れなくて布団をかぶると「死んで柩のなかに閉じ込められるのはこういう感覚なんだろうか」と思って苦 …

スターバックスのメニューで見つけた唯一の日本語とお冷やのタイミングと

スターバックスのメニューを眺めていて気付いたのは「抹茶」以外は全てカタカナであるということ。カフェは洗練された人が行くところというイメージがあって、どうにも得意になれない。僕の注文の仕方は「一番大きな …

no image

咄嗟に出るひと言、一瞬で伝わる人の本質

名言のようないいことは、落ち着いたときに考えて書ける。一方で言動は咄嗟に出る、出さなくちゃいけない。その違い。一瞬に人の本質が出る。一瞬で人の本質は見透かされる。一瞬の価値を忘れてはいけない。一瞬の価 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)