川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

病気はそう、昨日と今日が分断される瞬間だ

投稿日:2017年3月30日 更新日:

昨日と同じくらいの今日がやってきて、今日以上の明日がやってくれば嬉しい。そんな繰り返しを生きていきたいのに、時間は身体を少しずつ弱らせて、ドラマのような運命を突き付けようとしてくる。病気はそう、昨日と今日が分断される瞬間だ。ずっと同じままはあり得ない。でも、ずっと同じままであってほしいと祈る。理屈では分かっていることを感情で何とかしようとするのが人間という生き物だ。病院の桜に、春を祈った。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

呑みたかったのになあ。

ポニョー。日本酒とガンダムに熱い男闘呼のいるお店だよ。 さすがに朝からは呑ませてくれないんだ。

no image

生まれられなかった、だけど、生きたことを。

繰り返し震える携帯電話。 メールを読み、すぐに電話をかける。 それは、予定よりかなり早めの出産と、天国への旅立ちを告げる2つの命の物語。 複雑な思いと寂しさの中で、手続きの流れを調べてやってメール。励 …

自分の表現や発信が他を蔑んでいないか傷付けていないか想像する方法

差別化について語るとき、僕は必ず他を蔑んではいけないという話をする。自分よりも劣るものを前に出して「あれと比べればこちらはこんなに優れている」という話をせずとも、ちゃんと自分の想いを伝える。自分たちの …

身体は動いていても前には進まない、それが足踏みなのだから。

女性経営者の方お二人のお話を、それぞれ伺う機会をいただいた。    仕組みを作ったり、         縁を繋いだり、   既成概念という常識にとらわれなかったり、            走りながら考 …

花火。

夏~。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)