川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

僕の経営者としてのルーツ 〜最初から経営者になることを約束されていなかったということ、裏の世界を覗いてきたということ

投稿日:

世間は盆休み、とて、中小零細企業にそんなものは関係なく、僕は僕の毎日を過ごす。

いつもは車の往来が激しい大阪の真ん中、レンズを向ける僕を咎める人は誰もいない。

かつてサラリーマンをしていたビルの前を訪れる。

このときに体験した裏社会のことが、今の僕を形成していて、それについて僕は、うちのメンバーに何度も話をしてきた。お金を追いかけると、闇に包まれて精神はいとも簡単に破壊されてしまう。だから僕の心の真ん中には「役に立ちたい」が常にある。お金は結果論。利益は後からついてくる。マルチ商法やそれに類似したビジネス組織を毛嫌いするのは、漆黒の闇が今でもずっと僕を追いかけてくるからだ。

最初から経営者になることを約束されていた人とは違うという自負は見失わない。ひとの遊んでいる間に追いつけるようにする。10年が過ぎても、最初に決めたことはひとつも変わらない。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

僕が経営者になって最初にしたことは、隠ぺい工作と変更でした

一年で何日か、自分にだって褒めてほしい日がある。 板宿、アーケードにも降り込んでくる大雨、税理士さんとの決算に関する打ち合わせ終了(ようやく)。6月までの期も正式に黒字で締められることが確定した。ほっ …

no image

これが本気で、これが仲間なのかと思って失望した一日

自分で決めた「こんなもんでいいか」なんてものは、周囲から「よくやった」と評価されることはない。自分が壊れるくらいまで必死にやって、周囲から止められるくらいにやって、それで初めて「スタート」なのではない …

ミシン目との戦いに経営者の孤独を想う

毎年この時期は呟いている気がする。 被保険者報酬月額算定基礎届総括表附表、被保険者報酬月額算定基礎届総括表、被保険者報酬月額算定基礎届、被保険者賞与支払届総括表、被保険者賞与支払届、労働保険概算増加概 …

「対価をいただけないのは失礼だ」と主張しているうちの、プロフェッショナルの未熟

商売には目に見える商品と目には見えないサービスがある。 たとえば僕は「書く」ということを生業の一つとしていて、書く行為については対価をいただかなければならない。「友だちだから」「他の人からは書くという …

小学校の看板に動く感情 〜論を語る相手よりも己の失敗を笑って話せる人と

「どんなことでも逃げないで向き合うことが大事だよ」という勇気を促す看板に「早寝早起き朝ご飯」という文字が添えられている。 予算の関係か、どうせ余白があるのならと誰かの意思が働いたのかはわからない。わか …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)