雑記 PR

そしてココからの10年を思う。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

幼稚園の頃から、高校まで。
ずっと学校が同じ、クラスも一緒、そしてクラブ(吹奏楽部)でも同じ時間を
過ごしたYと食事。

彼女とは26年の付き合い。

全部知ってくれている人がいるというのは、頼もしい、心強い。
色々と追い詰められてギリギリになっている自分の精神状況をカミングアウト。

彼女に対してもそうだが、最近、「しんどい」という言葉を素直に周囲に伝えるように
している。発する自分は弱いのかもしれないけれど、その状況を助けてくれる人がいる
ということが、唯一、心の支えになっているのも事実。

30歳、30代。

打算なく、損得なく、自分を支持してくれる人を増やせるような、誇りある生き方を
していきたいと思う。

ここにきて、物質的な豊かさではなく、精神的な何か。
信じられるものがほしいなぁと思うようになってきた。

それが、今までの人生に欠けていたものなのだろう。

きっと人生なんて、砂時計のはかなさ。
一粒一粒に、後悔のない、一生懸命な自分でいよう。

誕生日のメッセージをいただいた皆さん、本当に有難うございました。