川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

人や場所から得られるエネルギーを自分のなかに取り込んでいくということ

投稿日:2017年8月11日 更新日:

会いたい、合いたい、見たい、触れたいと、触感が対象を求めたがるのは、その人や場所から得られるエネルギーを自分のなかに取り込みたいと思うからなのかな。多分それは、高原の湧き水に似ている。身体の中を抜けていき、細胞の一部になってゆく。自分が浄化されたような感覚を他者に求めるのだろう。

そういう感覚の意味を理解できるようになったから、僕は誰かの五感の欲求を肯定する。素直に声に出して欲求を訴えられる人は素敵だな、とも思う。己のエネルギーに転換できることは、どん欲に求めていけばいい。

40歳を過ぎた。2015年の日本人の平均寿命は男性が80.79歳らしいので、僕はいま、ちょうど真ん中のあたりにいる。もっとも、父は61歳で亡くなっているし、元気に過ごせる時間を考えればもう、とっくに折り返しは過ぎたのだろう。未来を老後と言い換える機会も増えてきてしまった。

欲求は、ちゃんと、まえへ。

最近はそんなことを強く思うようになった。自分の年齢を意識するたびに、特に。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

鐘の音が響き渡るころにはもう、春色の仕事をしている。

夏が終わるころには翌年のカレンダー印刷の話があり、秋が深まるころには年賀状のご依頼をいただくようになる。 謹賀新年の意味 ~「賀正」「迎春」の漢字一文字や二文字の年賀状は目上の人に使ってはいけない | …

馬鹿食い旅行初日の締め括り

食べ疲れ中。

カニと夕日と温泉と。

夕日ヶ浦温泉にやってきまきた。 何もすることがないという贅沢。東野圭吾さんと温泉で、疲れを癒し英気を養いたいと思います。 夕食はカニのフルコースだとか。 …剥けないんだよなぁ(^_^;)

ハサミたちの小休止。

三宮で見かけた貼り紙。 節電要請の、街は静か。経済はどんな風にまわっていくのだろう。 まもなく、梅雨明け。 暑さを我慢することで、泡を吹いて倒れる人たちが続出しないことを祈るばかり。

有馬わんだガーデン。

満喫しとります。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)