川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

ブログ論 業務日記

「頑張っている」をアピールするのが発信ではない、伝えたいことを相手の価値に変換することが発信なのです

投稿日:2017年12月27日 更新日:

コトバノをSSL化してみた。

簡単にいえば、情報のやりとりを暗号化してしまうので機密が守られますよーという技術のこと。SSLに対応していないサイトはこれから、検索結果でも不利な取り扱いがされることになっている。当然、お客さんに求められて、これらの対応をしていくことは僕たちの業務になっていくわけで、この周辺の知識と技術は習得しておく必要がある。

…んだけれども、くたびれた。色々と作業をしているうちに、何がどうなって、どれが原因でおかしくなっているかというのも分かるようになってくるのだけれど、これがまぁ、あっちをつぶせばこっちがおかしくなるという繋がり方をしていて、自分がいま、どこのどんな作業をしているのかということをちゃんと把握しておかねばならない。ここまで書いている自分の日本語を読んでもグダグダしている感じがよくわかる。くたびれた。年末の忙しい時期に、なぜこの忙しい時期にこの作業に着手してしまったのか。

ただ、一方で思う。こうして、色々なトラブルに見舞われるということは、やっぱりこれは「大変な作業」なのだ。とてもじゃないが、詳しくはない人たちにこの作業を任せるわけにはいかない。そういう意味では、自分の環境で経験値を積めたというのは有意義なことだ(と思いたい)。

前川企画印刷では、【本気で伝える、伝わる】のお手伝いをしていく。ブログで発信、SNSでブランディング。「頑張ってる」アピールをすることが発信ではない。自分の伝えたいことを、相手の価値に変換することが発信である。表現力、心理学、技術力、そしてギャップ。これらの要素が上手に組み合わさって、相手にはようやく、自分の気配や雰囲気がほんのすこしだけ伝わるようになるのだ。基本は継続。どんな手法も、継続というベースへの掛け算で意味を成す。僕たちはそのペースメーカーとしての役割も担っていく。

Google

Google

-ブログ論, 業務日記

執筆者:

関連記事

スターバックスのメニューで見つけた唯一の日本語とお冷やのタイミングと

スターバックスのメニューを眺めていて気付いたのは「抹茶」以外は全てカタカナであるということ。カフェは洗練された人が行くところというイメージがあって、どうにも得意になれない。僕の注文の仕方は「一番大きな …

no image

手書きとPDAのジレンマ。

大きな仕事が重なり始めた。 「うっかり」を無くすために、会社の机を整頓。年末からたまっていた伝票類も入力、月末の支払いの算段など。そしてため息(汗)。 お客様から聞いた話、自分のtodoを、出来るだけ …

no image

写真の父も笑っている。笑ったままの父は、ずっと動かない

今夜、同友会をアピールする集まりで、報告と懇親会の司会をすることになっている。 「学び」と「気付き」と「刺激」という言葉は抽象的で人に響かない気がするのだけれど、自分だけがベラベラと喋っていて良い時間 …

no image

カタカナの肩書きに対する僕の矜持、この人を選んで良かったと思う僕の誇り

投げるだけ投げて、決定を相手に促す。決めることは経営者(事業主・起業家)の仕事で、自分が関わりすぎてはいけない範囲であると認める。 どんなときに、どんな心境で「あの」文章を書いているのかと尋ねられる。 …

no image

お客さんの根っこに関わるということは、お客さんの喜怒哀楽も一緒に背負うということで

お客さんの数が増えて、お客さんの根っこ(売上や利益)の部分に深く関係していくようになるということは、その分だけ、目標や問題に一緒に向き合っていくということで、とても疲れるし、喜怒哀楽の様々を背負い込ん …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)