川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

この人の役に立ちたいと思うから、仕事をする。僕を動かすシンプルなルールです。

投稿日:2017年12月19日 更新日:

儲かるから仕事をするのではなく、役に立ちたいから相手に提案をするのです。だから、「この人の役に立ちたい」と思う「この人」でなければ、僕はどれだけ良い条件であっても仕事を引き受けません。

仕事をしていると、不愉快になることもあります。スルーする、受け流す。方法は色々ですが、感情的になっても得をすることはないので、冷静に対応することにしています。それでも「冷静に対応しよう」というストッパーが働くよりも先に、感情のままの言葉が口をついて出てきてしまうことがあります。難しいところです。原則は決めていても、僕だって感情の動物です。

さて。

とてもとてもとても、不愉快になることがありました。なんとか、今回はどうやら、感情を支配することができて、僕は冷静に対応することができましたが、「不愉快になることがあった」と伝えることで、この感情を共有してほしがってもいるようです。こういうとき、ひとは愚痴をこぼしたくなるのでしょうか。

この人の役に立ちたいと思うから、仕事をする。僕を動かすシンプルなルールです。僕は怒っています。だから「お断り」をしました。酒は飲んでも飲まれるな、覆水盆に返らずなのであります。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

上とか下とかじゃなくて【次】だと思う感覚のこと

「上とか下とかじゃなくて【次】なんだと思いますよ。りんごジュースの次がオレンジジュースなら可愛い。でもこれが高級ワインだと調子に乗ってるという人が現れてくる」 「インプットがインプットで終わるのは一番 …

no image

それは管理なのか、リーダーシップなのか ~血の通わない知識、涙すらも含む経験

僕たちは管理されようとすると、反発を覚えてしまう。どこかで「マネージメント」なんたらを学んできたような人の言葉を聞いて、それに素直に従えないのは、「管理するためのアクション」であることが見え隠れしてし …

no image

商売繁盛をさせたい川柳家、コピーライター、社長業。

本日アップした、ふあうすと2007年6月号に掲載して貰った川柳と、8月号で掲載して貰う予定の川柳は、少しだけ意識して、「心の領域を違う角度から表現する」ということに挑戦してみました。 文芸を趣味とする …

no image

主張はいつも誰かの対岸にある

「わかる、そういう人いますよね」という同調のコメントを引き出してしまうような言動は慎むべきなんだろう。たとえそれが正論であって正義であっても、場が乱れてしまえば攻撃的な空気に満ちる。主張はいつも、誰か …

no image

今日も頭を下げて泣いた。いつか未来のための、貴重な体験のひとつになった

相談に来られる方は、販促という言葉の意味を狭義ではなく広義で考えていることがほとんどだ。だから僕はアイデアを出すし、アイデアを実践していくための資金の調達方法や社内での士気高揚の方法も一緒に考える。な …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)