川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

冬の朝の大蔵海岸で、洋服を着せてもらったワンコたちに挨拶をします。

投稿日:2018年1月23日 更新日:

防寒具を着せられてご満悦なワンコと飼い主と。凍てつく気温に見かける優しい光景に、この空気ごとどうか、永遠であってほしいと願ってしまうのです。

引用元:空気ごとの永遠 – 句読点

野生ではありえない格好をさせられて動物たちはどう思ってるんだ、という意見を聞くこともありますが、あの、犬たちの表情は、僕にはどうしても得意気に思われて仕方ないのです。実際、むかし飼っていたじゅにあは、洋服を着せられるたび、ご機嫌に街を歩いて、通りすがりの人たちに「見ろよ眺めろよ」と嬉しそうな顔をしていました。

男の子でしたが、セーラー服が大好きでした。カメラ目線をしてくれるのがアイドル犬たる所以です。




ワンコたちが飼い主に繋がれている、でも、そのリードがぴんと張っていることはなく、ほとんどの場合は2メートル以内にいて、一定の距離感を保っているように見えます。その信頼関係がなんともいえません。

犬たちは言葉を発しません、でも、伝え続けています。
飼い主たちはひとつひとつの信号を解しません、でも、受け止めています。

犬と飼い主たちとの距離と信頼と。
冬の朝は洋服でご機嫌なワンコたちに出会う機会も多く、より一層、そんな温もりを感じてしまいます。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

髪は抜けて無いのに髪型と言われても…。

病院の売店に雑誌クロワッサンが売られていた。 雑誌の売られているすぐ奥は、床屋(美容院)。どうしても抗がん剤や放射線治療の影響で髪が抜けてしまうために、ここで髪を刈ってしまう人も多いんだそうだ。 とこ …

no image

震災の神戸の街にあった、勇気 ― 仰木彬監督。

オリックスの仰木彬元監督が亡くなった。 プロ野球ファンとして、関西をこよなく愛する人間として、そして何よりもあの阪神大震災から立ち直るための勇気を貰った人間の一人として、これほど悲しい別れはない。 僕 …

川柳界の兄貴、加藤鰹さんにお会いしてきた!

川柳の世界の、僕の兄貴分である加藤鰹さんにお会いしてきた。 手紙やメール、ネット上でのやりとりはあったものの、実際にお会いするのは今回がはじめて。川柳の世界では50代60代でも「若い」と言われるくらい …

no image

元気良く行きたい、学びの機会。

明日は、悪の秘密結社兵庫県中小企業家同友会の一日研修です。 遠足気分で「おやつどうしよ?」とワクワクしているメンバーもいるようです。さすがアットホームな西神戸支部。 朝から夕方までホテルで籠もって、来 …

回顧、母を想って詠んだ短歌が大賞を受賞したこと

音符にすれば表現出来るような物事の流れのイメージがあって、その抽象的な危うい感覚を共感してもらえると、ますます言語性は失われていってしまう。だから欲しいと思うのだし、だからこれではいけないのだとも思う …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)