読書

読書の秋の覚え書き。

どんな苦しさや切なさの中にいても、活字の海にいる間は、それに
没頭して、自分が救われているのを感じます。

生々しいまでの「人」が描写されていると、「自分なら?」という
問いかけをしながら楽しむことも。

それがヒントだったり、答えだったり。

もしかしたら、「この人よりはマシ」という、安堵感を覚えている
だけの卑怯な人間かもしれませんが。

読み終えた後の、少しの達成感と複雑な思いが、少しずつ、自分を
成長させているような気もします。

辿り着くまで、納得できるところまで。

とことん、活字に向き合ってみようと思います。

【詠み終えた本】

 ■13階段(高野和明)

  読み応えありました。
  いろんな伏線があって、スピード感ある展開で…。
  そして、物悲しい。

  人生って、命って、何なのだろうと考えさせられ。

  またいつか読み返してみたい。

【詠んでいる本】

 ■顔 FACE(横山秀夫)
 ■見よ見よ 若き人びとへ(盛永宗興)

  盛永さんの本は、Sさんからプレゼントして頂きました。

  お守りのようにして、繰り返し読んでいます。
  自分をちゃんと見つめることが出来れば、苦しみも苦しみで
  なくなるはず。 真理を求めて。

【買ってきた本】

 ■真相(横山秀夫)
 ■グレイヴディッガー(高野和明)
 ■K・Nの悲劇(高野和明)
 ■世界いちわかりやすいW-ZERO3[es]の本(笠倉出版社)