雑記

秘密 ― 離したくない愛がある。

東野圭吾さんの『秘密』、読了。

秘密

文藝春秋

この本の詳細を見る

「男」として読むか、「夫」として読むか、はたまた「父」として読むか。
それによって、感じ方は人それぞれ異なるかもしれない。

僕が、どの立場で読んだのかは、それは…。

嗚咽してしまいそうな、苦しさと切なさを覚える話でもあった。

愛しているから、寛大であるべきなのかもしれない。
愛しているから、許せないのかもしれない。

とても、とても、解釈が難しい。
少なくとも僕は、一般論としての「こうあるべきだ」という考え方を簡単には
受け入れられない男。

だから、多分…    嫉妬、あるいは、憎しみの海にいて、生きてしまうの
だろうな、という気がする。

恋愛に関する切なさなんて、そんな簡単に消えるもんじゃない。
同じこと、憎しみや恨み、それだって、自分からは決して消えることはない
だろうと思う。

だから時折、走り出したくなるような衝動にかられつつ、懸命に、懸命に空を
見上げては、自分に言い聞かせる振りをしてしまうのだ。

いい子の振りは出来ても、いい子にはなれない。

僕の視界には、ずっと映り続けているセピア色の景色がある。
それは、じわっと僕に染み込み続けていて、いつまでもずっと、渇きを覚えない。