雑記 PR

偶然でも必然でも、最後の想いのままでいる。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

11月15日、ナンバープレートが1115の車を見た!

― たとえばそんな偶然を。

 (いいことありそうだ)
 (ついてるな)

この程度の思いで済ませられたら、誰にだってよくある話。

単なる偶然かもしれないことを、妄想してる。
きっと偶然に違いないことを、ドラマにしようとしてる。

あー、馬鹿な奴だね、と、指をさされても。

それに、寄り添って生きていけるのだから、仕方がない。

拠り所にできるものがあれば、夢だっていいじゃないか。

最後の気持ち、永遠の気持ち。
想い、起こされ、少年、その時だけは ―

 許せるような 優しい気持ちを抱くことができる。