川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

学級委員長選挙、はじめての公約。

投稿日:

「任期の間、誰よりも早く教室にやってきて、皆に挨拶をします。
 皆に事故がないよう、クラスを見守ります」

生まれてはじめての選挙。 掲げた公約。

小学校2年生の一学期。
僕の始まり、約束への自覚、責任に対する意識。

任せる、という言葉を使うときは、任せた後のフォローが必要。
そのフォローがなければ、任されたほうは「押し付けられた」という認識で、
間違いなく、腐る。

どんなに小さくても、組織。

組織の在り方を考える時、自分の立ち位置と、振舞い方を考える時、
原点はいつでも、その、僕の始まりの一学期。

なぜ、動くのか、なぜ、動かないのか。

その背中の意味を、組織の先頭にいて、組織の後方にいて、しっかりと
浸透させなければならない。

甘い、と、言われる。
甘すぎる、と、自覚している。

意識を、もっと高いところに引き上げて。

拡大させたいなぁと思う。
毎日、毎時、一生懸命、考えている。

根拠による行動と、行動に伴う結果。

考えすぎるくらいで、ちょうどいい。
それでも足らないもどかしさに、やっぱり苦しんでしまうのだから。

なぜ寝ない、のではなく。

なにを考えているのか、と、共有してもらえるような。
そんな空気を、出さなくてはならない。

とにもかくにも。

すべて、いまは、自分に原因がある。
最上の意識と、最高のサービスをめざして、全ての人のために。

原点をしっかりと、心に留めておきたい。

ただの一度も約束を破らなかった、あの日の自分が笑うぞ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

グリーンピア三木。

自然満喫中。

no image

部屋の底が抜けそうになって、なくなく本を手放すことにした

さすがに本を処分しなければ部屋の底が抜けてしまいそうで、100冊ほど買い取ってもらうことにした。Amazonの箱たちに分けて持っていくと、その箱も処分してもらえて一気に部屋が片付く。値段がついたのは6 …

no image

秋に誘われ、心の涙を止めたい夜は。

「動機」「陰の季節」「クライマーズ・ハイ」と読破。 貪るように本を読むことに没頭しています。横山秀夫さんは、上手に「人の陰」を書かれる方だなぁ、と。 すぐ背後から「これはお前のことだよ」と、そう囁かれ …

no image

桜の連れてくる、特別の景色に。

ディスプレイの大好きな弟の手によって、賑やかに飾られた仏壇。 まるで誕生日会。 しわくちゃな顔で笑って、眺めているんだろうな。 4月2日、桜の花の下で別れてから、まもなく一年。 今日は、父の、一周忌の …

明石、魚の棚。

「ほうき」を持って歩く人がいるかと思ったら、それは「たこの干物」でした。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly