川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

にんげんとにんげん以外の生き物。

投稿日:

車道に横たわる命。

伸びようとする腕や足は、まるで寝起きのようでそうではなくて、
きっと断末魔の時間、最後の景色を見ているに違いなかった。

反対車線のにんげんの一人であった僕は、苦しさに襲われながらも、
祈ることしか出来ず、祈りだけを残して、右足を踏み込んだ。

誰かが誰かの余命を憂う瞬間には命そのものであったはずの元気が、
アスファルトと、ほんのアクセルひとつで露と消えていく。

この星に「にんげん以外」なんて生き物はないのに。

にんげんは、罪を作る生き物で、ごめんなさい。

善人ぶるのでなく、罪人の気持ちで、

それでよかったのか、これでいいのか。

たまらない景色だね。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

きゅうりの収穫。

よく肥えました。

旅館到着。

風呂入って読書だ。

川柳・句入り焼酎。

「年金の夢を見ている青畳」 焼酎瓶に自分の川柳を入れて焼いていただきました。プレゼントしてくださったNさんに感謝。 これは一生ものの宝物ですね。 ちなみに、背面には「ばた」と名前も入れてもらいました( …

海辺と続く明石川。

今日は西へ向かってジョギングをしています。 四方の青が気持ち良過ぎ。贅沢な、のんびりとした時間です。

たなばたにしばた。

この親父ギャグを言い続けた30年の歴史。 夏に寒くて何が悪い。 良い良い。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly