川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

にんげんとにんげん以外の生き物。

投稿日:

車道に横たわる命。

伸びようとする腕や足は、まるで寝起きのようでそうではなくて、
きっと断末魔の時間、最後の景色を見ているに違いなかった。

反対車線のにんげんの一人であった僕は、苦しさに襲われながらも、
祈ることしか出来ず、祈りだけを残して、右足を踏み込んだ。

誰かが誰かの余命を憂う瞬間には命そのものであったはずの元気が、
アスファルトと、ほんのアクセルひとつで露と消えていく。

この星に「にんげん以外」なんて生き物はないのに。

にんげんは、罪を作る生き物で、ごめんなさい。

善人ぶるのでなく、罪人の気持ちで、

それでよかったのか、これでいいのか。

たまらない景色だね。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

夏の音になった。

屈むような場所から、今ごろはもう、夏の高さだね。

源平の庭。

ほぉ。

no image

いつかの明石市議会議員選挙。

ある、事故の、起きる何分か前。 現場に、僕はいて、危ないと思った。そこは、立ち寄るべき場所ではないと思った。 そして、事故は起こった。 尊い命が、いくつも失われた。 命を失くした家族は。 やがて、事故 …

ある応募。

言葉遊びは楽しい。

no image

140文字の台風。

不謹慎だけど、昔から、台風情報が好き。 夜中、NHKから流れてくるクラシック、時々切り替わる画面。一定時間ごとに、状況を伝えるアナウンサーの声。 (明日、とーさんもかーさんも、お店休むのかな?) そん …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly