川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

せるふぷろでゅーす、本を出します。

投稿日:

トラック一台分の印刷物を納品。

肩と腰の痛み、汗の臭い。
毎年この仕事をやり終えて、年度末を意識する、春を感じる。

来年も、その次の年も、ずっとずっと。

繰り返されますように、と、気持ちを込めて、感謝のご挨拶。

当たり前に思わず、いつも新鮮な気持ちと感動を持って、ご縁の
あることに喜びを抱いていきたい。

父の白血球の値が急降下したという報せ。

年度末で忙しいということは、父もわかってくれているはず。
見舞いには行けなくても、祈ってる。 信じている。

父の希望の一つでいよう。

誠実に仕事に取り組もう。
役に立ちたいという気持ちの尻尾に利益がついてくるように。

この信念を、仲間にも、協力会社の皆さんにも浸透させていくつもり。

神戸にそういう会社があるのだということを、もっと多くの人に
知ってもらいたい。

父の笑顔の理由の一つに、頑張る自分の姿を。

走れ、貫け、こだわれ。

すこし、不安なこと。

レジでお金を払うときに、見覚えのない商品を買ったことになっている。
何だろう? と見てみると、どうやら、本当に欲しかった商品の隣のものを
手にしてレジに持ってきているらしい。

こんなことが何度か続いているのは、疲れているからなのか。

仕事が多くてしんどい、というのではなく。

遠くを見渡したいときの、不安定な足元に気をやり過ぎて、必要以上に
自分を追い詰めているような感じがする。

会社として、そういうステージに上がってきたのだな、という、前向きな
解釈をすることもできるが、さて。

できれば年内、遅くとも来年。

川柳と詩とイラストと。
伝えたい世界を詰め込んだ、本を出そうと思っています。

イラストは、僕の大好きな某イラストレーターさんにお願いして、着々と
制作は進んでいます。

川柳の世界を、言葉とイラストで着色して。
わかりやすい、敷居の低い、楽しさ、メッセージを伝えていきたい。

売り方は検討中ですが、完成したら、是非お買い求めいただければと。


整頓の過ぎて発覚するドラマ    ばた

まだ先の話。

でも、こーご期待。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

天才の描く『ふくろう』。

美術はいつも『2』でした。

フルートと腹痛と。

写真は意味なし(何年も吹いてないフルートです) 先日の治療の時に貰って、残っていた薬を飲んでみましたが痛みは相変わらず。ごろごろ横になってはいるのですが、苦しんでおります。 朝には治るかなぁ?

no image

コミュニケーションの多様化する時代に – 僕が誰かを遠ざける理由。

インターネットが一般になる前、まだパソコン通信と呼ばれていた頃に、僕はBBSやCHATを通じて、大人の世界を覗くのが大好きだった。 「あー、あのアンテナでパソコン通信っていうのをやるの?」 ― それ、 …

人を癒やせる勘違い。

先代社長の前川さん。最近絵手紙にはまってらっしゃるそうです。 この間違いが、人の良さを物語ってると思いません?(純粋な勘違いだそうです) 癒されるなぁ。

姫路、お菓子のリードさんにて大人買いもー度発動中。

夢の国ですぢゃ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly