川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

朝が遠いです。

投稿日:

夜は長い峠道。

集中治療室前を行ったりきたり。
時々の物音に、ただ敏感になるばかりです。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

会話の主導権、相手の心に先回りして触れるということ

「春は花」「春の花」「春も花」。春は、春の、と書いたとき、読み手に浮かぶ季節は春のみですが、「春も」と書いたときは、春以外の季節も並列してしまいますね。桜や梅を思い浮かべる「春は花」という表現に比べて …

no image

明石海峡大橋のポニョと親父シャツと。

さぁポニョ。 今日はバタバタするから、太陽はまだだけれど、走りに行くよ。 寒ささえ感じる朝だけれど。 もちろん、シミ付きの親父シャツが町を駆け抜けるのさ☆ ハムばっかり食べてないでさー。

日本のへそ。

日本へそ公園駅(無人)

no image

金沢の駐車場で、ちょっと嫌なこと。街で、すごく良かったこと。

1時過ぎ、無事帰宅。 激しい雷雨で、途中、水たまりで車が空を飛びました。心臓バクバク。 金沢、すごく良かったです。 思っていたより都会だったのは意外でしたが、人はみな、控え目で優しい。ホテルの人たちも …

no image

「たとえば」のチカラ、ひとに何かを伝えるトレーニングに活用してほしい詩歌の世界

「たとえば」という言葉は、何かを説明するとき、理解してもらいたいときにとても有用だ。知識を知識のままに伝えることは誰にでもできる。相手に分かるような言葉に置き換えて説明できる人は賢い。 書いている文章 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly