川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

朝が来て、昼が過ぎ、桜に散って欲しくない。

投稿日:

通夜や葬儀に来ていただいたり、弔電を送っていただいたり。
メールをいただいたり、お電話をいただいたり。

いろいろ、ありがとうございました。

この人に御礼のご連絡はして、こちらにはしていない・・・ となってしまっても
なんだか失礼だな、という思いから、通夜の日以降、どなたにもまだ、御連絡は
しておりません。

が、その。

存在をそばに感じさせて下さる皆さまの温かいご配慮により、ずいぶんと
救われました。ほんとに嬉しかったです。

明日から、少しずつお返事、御連絡、させていただきますね。

会社には、本日月曜日から、復帰しました。

まだしばらくは、ばたばたするような感じで、不規則かもしれませんが。

「疲れた」って、負のオーラを帯びた言葉なので、あまり使わないようにして
いますが、これまでの人生に経験したことのないような反動を身体が自覚していて、
抜けてくれません。

寝ているときに、会話のような独り言をしているそうです。
喋っている自分を、夢ではなく、現実に覚えているので、実際はあまりよく
眠れていないのかもしれません。

食事はちゃんとしています。

ただ全身が重たいだけ。
喪主って、ほんとに色々、やること多いですね。

日曜日、母、弟と一緒に過ごしました。

商売人であるそれぞれは、休みの日も別々。
日曜日の昼間に家族が揃って過ごした、なんてことは、きっと、生まれて初めて。

父親のくれたプレゼントかもしれませんね。

花を買いにいきました。
父が、好んでそうしたように、花屋にみんなで出かけました。

ほんの交差点ひとつにも、父の景色が残る街並みです。

帽子をかぶって、杖をついた男性。
それが、父のようで、父を重ねて、記憶を辿ります。

父は、小銭入れを開きながら、きっとこんな風に言います。

「おごるから、たこ焼きでも食べに行こうか」

居なくなった現実が、まだ、よく受け入れられていません。

突然寂しくなったり、怒ってみたり。
笑ってみたと思えば、涙が溢れ出したりもします。

誰かがいると冷静、なので、どうやら。

しばらくは、ひとりぼっちを避けたい季節のようです。

あーあ、親父、桜だよ。

見上げるたびに、思い出しちゃうね。
思い出せって言われてるようだよ。

そんなこと、言われなくても。

当たり前のことだよ。

これまでだって、そうだった。

だから、これからだって。

寂しいなぁ、おやじ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

偶然でも必然でも、最後の想いのままでいる。

11月15日、ナンバープレートが1115の車を見た! ― たとえばそんな偶然を。  (いいことありそうだ) (ついてるな) この程度の思いで済ませられたら、誰にだってよくある話。 単なる偶然かもしれな …

no image

かつての漫才の夢、いつかのピアノの懐古

かつて漫才コンビを組んでいた相方にライブの報告をすると「その前座でネタを披露せーへんか?」と返信があった。冷たい風を浴びたあとにピアノを演奏する勇気は、今の自分にはない。 ▼ 今日の午後は芦屋の駅前で …

ひとの気持ちは変わるもの。

彼は、いつも優しい言葉を選んで話しかけてくれた。穏やかな彼の語尾に、すべてを預けることが出来た。 そんなある日、彼の態度が突然変わった。 優しい彼が大好きだった、のに。

no image

加藤鰹さん追悼川柳句会の結果発表、特選に選んでいただきました

加藤鰹さん追悼川柳句会の結果発表。 印象吟、高瀬霜石さんの選で自句を特選で抜いていただいた。これから先、鰹さんの名前がどこかで思い出され、誰かが検索する。都度、この追悼句会のページが検索の上位に表示さ …

no image

文芸、川柳、短歌、マラソン、バンド、経営者、投資、政治、リーダー。2015年の色々。

「料理なんて簡単だよ、自分は作ったことないけどね」「人材育成も含めたコンサルティングをしますよ、僕は誰も雇ってはいませんけども」 説得力っていうのは経験に生まれる。無責任なアドバイスをする虚業ではなく …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly