川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ほうこく、そうだん、笑っているね。

投稿日:

お客様の事務所。

先週からずっと掛かりっきりになっていた、ネットワーク関係のトラブルを、
ようやくどうにか解決することが出来た。

ついでに、プリンタのIPも見直して印刷時に生じていたトラブルも解決。

ケーブルテレビ特有の設定に加えて、ネットワーク内のルータとハブが、ほぼ
同じ時期に「少しずつ不具合を見せ始めていた」というサポート泣かせの状況で、
問題の切り分けに、丸々一日以上の時間を費やすことになってしまった。

前向きに考えて、いい事例研究になった…ということにしておこう。

これで効率よく業務が進むようになれば嬉しい。
いつも、困ったときに思い出していただける存在で在り続けたい。

父の三七日。

はたして素人のお経に意味があるのかどうかはともかく、そういう気持ちを
持っているのだということを、父には評価してもらうことにしよう。

賑やかに父と向かい合う家族。

父ならこんなとき、どんな風に笑うか、その表情を想像出来るから、
温かい会話の続く。

「どうしたらいい?」も
「こんなことがあったよ」も。

今はこんなに素直に話せるのが、少しだけ、嬉しくて、少しだけ、残念。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

夜中の外来。

弟、点滴を終えて。

no image

デパートの地下のような楽しさと効果を ― 今度はのぼりだ。

4日だったか、5日だったか。 連続で、もう、布団から遠ざかっている。床でそのまんま、朝を迎えてしまう不健康な生活。 今夜こそはこれを書いたら、目指せ布団の優しい寝床。 いかにも年度末の、異様な慌ただし …

no image

過ぎてしまえば、夏は切ない。過ぎる前には、夏は重たい。

見上げれば梅雨の空、見通しは台風の襲来。 それでもセミは待ちきれず、もう、明石公園で夏の始まりを告げていた。 真っ暗な土の世界にいて、我慢強くエネルギーを蓄えてる。いくつかの季節を数えて、身体が夏の空 …

no image

緑色のオーラ、それは死を告げる謎の影。

ちょっと、気になるコト。 まだ4歳くらいの頃なのですが、ある日、友達の家に遊びに行って、ふとおばあちゃんの部屋を覗くと、座ってこちらを向いているそのおばあさんの周囲に緑色のオーラが見えたことがあります …

深夜、帰宅、振り返る一日、笑える時間。

某所にて、ステーキを食べながら仕事の話。 5,000円…のコースの割には、こんなもんなのかな?という感じ。目の前の鉄板で、“ぼわっ”と火を起こすとき、わざわざ照明を暗くするのがかえっていやらしかったな …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly