川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

兵庫県立フラワーセンター。

投稿日:


法要を終えて加西市まで。

太陽と緑に、うんと背伸びをしてみましょう。
忌明け、区切りのスタートに。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

日本で一番大切にされている社長。

9月16日で、35才になりました。 いろんな方に祝福していただきました。その一言ひとことに「ありがとう」という言葉を添えて返事をしてみました。 生かされていること、支えられていること。与えられているこ …

no image

新築物件巡り。

連休3日目は、物件巡り。 不動産屋のHさん案内で、6件の物件。運転してもらって、物件の中を案内して貰うという形とはいえ、さすがに数が多いと疲れる。 帰る頃には咳が酷くなり始めた。 今の家賃の倍近くのロ …

no image

線の見えない苦しみに。

この相談はこの人に、この相談はあの人に、なんて。 問題を切り分けられたら、ほとんどの悩みは解決出来る。線が見えなくて、苦しんでいる人のなんと多いことか。 まず、最初に思い出してもらえる場所に。広さを磨 …

no image

実業の反対語である虚業という概念について

学生13人が文章の書き方や取材のコツを質問。あさのさんは、「小説は五感で書くもの。野球の話なら実際にボールを握り、感触を確かめた」とアドバイス。「自分が経験していないと、作品は生み出せない。色々なこと …

no image

年の終わりに触れる純朴な想い、君と。

朝はぐっすり、昼寝は2度ほど。 だらだらと過ごすことの出来た日曜日。のこり一週間を走り抜くだけの充電完了、アルコールも抜けた。 ポニョを連れてジョギングに行こうとしたものの、外は雨。 久々に、家で1時 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly