川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

有名な人に、顔と名前を覚えてもらったこと。

投稿日:

明石蛸壷川柳社創立55周年記念大会。
入選したのは2句。

 初七日の後忙しい計算機 (これから/松本初太郎選)

 LLはチラシと違う値段です(腹が立つ/萩原典呼選)

いわゆる「句会川柳」と呼ばれるものに、疑問を覚えることが多い。

選んで貰った上の2つの句は、自分でも「たぶん、抜けるだろう」という予感が
あった。それは決して佳句であるという自信から来るものではなく、これまでの
句会の雰囲気から、感覚的にそう感じるものだ。

しかし、「抜ける句」がイコール、「残したい句」ではない。

では残したい句」がイコール「佳句」なのかというと、そういうわけでもなく、
このあたりが短詩文芸の評価の仕方、され方の難しいところなのだろう。

想いを込めて作った作品は、これからも粘り強く違う機会に出句し続けて、
いずれ「活字」として、自分の生きた痕跡にして、世に残したい。

これまでも当blog上では、入選した川柳を載せるようにしてきたが、これからは
特に「残したい句」についてのみ、散文(詩)を添えて記録していきたいと思う。

ところで、大会の会場で有名人に声をかけていただいた。
川柳文学コロキュウムの代表、赤松ますみさん。

静岡のかつおさんに「ますみさんも松山千春ファンだよ」と聞いていて、いつか
機会があればお会いしたいと思っていた方。

まさかわざわざ声をかけて貰えるとは、光栄。

「句会川柳」そのものについては悩みが尽きないけれど、こうして、川柳会の
大御所と呼ばれるような有名な方から、昨日川柳を始めたような人まで、
様々な方と交流の機会を持てる句会の雰囲気は大好きだ。

これからも、余裕がある限り、参加してみたいと思っている。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

旅館到着。

風呂入って読書だ。

ヒルトンで夕食。

昨日に引き続き、今日も大阪にて。

ぜんぶ脱いで、素直になれよ。

暑いだろ、べいべ。 必要としてもらえることが、何よりの原動力。 引き出しに、もっとしっかり詰めて、応えていけるような。

no image

「若いなぁ」を声に出して相手を否定する人は。

▼Facebookはtwitterと違って、クローズな存在であり、リアルを補完するためのものであると考えています。様々な方からの友だち紹介や承認依頼等をいただきますが、むやみやたらな友人申請は、近い距 …

no image

希望に向かう夜明けのありますように。

長く続いた化学療法の影響で骨髄がかなりのダメージを受けていて、高熱を下げることも各血液成分の数値を薬や治療で変化させるのは困難であるということが、朝になって入ってきた情報。 昼過ぎに静岡に到着した母か …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly