川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

有名な人に、顔と名前を覚えてもらったこと。

投稿日:

明石蛸壷川柳社創立55周年記念大会。
入選したのは2句。

 初七日の後忙しい計算機 (これから/松本初太郎選)

 LLはチラシと違う値段です(腹が立つ/萩原典呼選)

いわゆる「句会川柳」と呼ばれるものに、疑問を覚えることが多い。

選んで貰った上の2つの句は、自分でも「たぶん、抜けるだろう」という予感が
あった。それは決して佳句であるという自信から来るものではなく、これまでの
句会の雰囲気から、感覚的にそう感じるものだ。

しかし、「抜ける句」がイコール、「残したい句」ではない。

では残したい句」がイコール「佳句」なのかというと、そういうわけでもなく、
このあたりが短詩文芸の評価の仕方、され方の難しいところなのだろう。

想いを込めて作った作品は、これからも粘り強く違う機会に出句し続けて、
いずれ「活字」として、自分の生きた痕跡にして、世に残したい。

これまでも当blog上では、入選した川柳を載せるようにしてきたが、これからは
特に「残したい句」についてのみ、散文(詩)を添えて記録していきたいと思う。

ところで、大会の会場で有名人に声をかけていただいた。
川柳文学コロキュウムの代表、赤松ますみさん。

静岡のかつおさんに「ますみさんも松山千春ファンだよ」と聞いていて、いつか
機会があればお会いしたいと思っていた方。

まさかわざわざ声をかけて貰えるとは、光栄。

「句会川柳」そのものについては悩みが尽きないけれど、こうして、川柳会の
大御所と呼ばれるような有名な方から、昨日川柳を始めたような人まで、
様々な方と交流の機会を持てる句会の雰囲気は大好きだ。

これからも、余裕がある限り、参加してみたいと思っている。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

足湯。

@三宮 温まるのも悪くない。繁華街のど真ん中。

no image

あせらずいこう、前向きでいよう。

こぶこぶたのまいにち~今日もやさしい風がふく なかじ~♀さん改め、こぶこぶたさんが開設された「前進系blog」のご紹介。 === 僕らはつい、闘病記の中に「悲壮な」何かを読み取ろうとしていないでしょう …

no image

コストパフォーマンスの高い努力を。

努力とは絶対的なものだけれど、あえて、相対的なものだと考えてみる。 たとえば、今日のような花火大会の行われる日、その時間帯に。同じ100という努力を行うのであっても、誰かの遊んでいる時間帯だと考えれば …

追い風なのだという確信に変わるまで ~リレーマラソンへの挑戦

8月の終わりにリレーマラソンに参加してみようと思って、今日はその練習に参加してきた。 みなとのもり公園(神戸震災復興記念公園)へ行こう|神戸三ノ宮南地域・都心の新たなにぎわい事業 さすが専用に整備され …

西舞子駅にて。

うちの会社のチラシが貼られています。月末に更新されるので、掲示板の場所取りも必死。 本人なりに試行錯誤、考えてやっているようですが、さて結果は? ポニョの御加護がありますように。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly