川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

気ままに川柳生活。

投稿日:

川柳マガジン6月号届く。
久々に2句/3選者抜けていた。

全国の書店に並ぶこの雑誌、自分の名前と句が活字になる感覚は、いつも新鮮で
嬉しい。言い換えると、普段、自分たちの作っている「ふあうすと」誌だって、
活字になることを楽しみにしている人たちが全国にたくさん居るということだ。

そんな方々の期待に応えられるよう、丁寧な仕事を心がけたいと思う。
惰性で仕事はしない、いつも感動を添えていこう。

秋の大会に向けて、この時期にたくさんの川柳が公募される。

自分が応募しようと思っている大会について、締切の近い順に並べると
こんなスケジュールになる。

06/13 川柳マガジン6月号課題 合計13句
06/15 ふあうすと全人抄「雑詠」5句
06/15 神戸新聞文芸川柳「汗」1句
06/30 国民文化祭文芸祭「納豆」「水」「スピード」2句ずつ
07/10 第63回尼崎市文芸祭「雑詠」1句
07/15 第9回四万十川川柳全国大会「雑詠」2句
07/15 川柳マガジン7月号課題 合計13句
07/15 ふあうすと全人抄「雑詠」5句
07/31 第35回明石市文芸祭「雑詠」または「源氏物語」2句
07/31 神戸川柳祭08「渡る」「値打ち」「深い」1句ずつ

これら以外にも、案内が数日間隔で郵送されてくるので、実際はもう少しノルマが
厳しくなる。数が増えると、一つ一つの質も低くなってしまって、どうしても
「抜けない」ことが多くなってしまうけれど、「参加」しているだけで、得られる
ものが多いのもまた事実。

川柳は、自分にとって趣味でもあり仕事でもあるとも言える。
上手に自分を追い込みながら、苦しまない程度に、楽しんでいくようにしよう。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

笑われると笑わせるの違いとは 〜自分と異なることは悪ではなく個性

プライドのないような振りをして生きていることも、また、その人が命とプライドを守るために選んだことなのだから、やっぱり僕たちは、人のなにかを簡単に笑ったり批判したりしてはいけないと思うのです。 笑われる …

渋滞30キロを抜けて。

ただいま、電波の来ない土山SA。 近江茶飲まねば。

no image

目指すべき、横文字の仕事。

首の痛み、続く。 冷えを感じるとそれを自覚するのは、もしかすると、ちょうど去年の今ごろ事故に遭った、ムチウチが再発しているのかもしれない。 痛み止めを飲んだり、湿布を貼ったり、スプレーをかけたり。 頭 …

首に肩に腰に。

自宅に持ち帰って、まだまだ入力作業中。 甲子園の球児ばりに、全身冷やしながら仕事しています。一級入魂、全力投球!

no image

動物たちに触れると眠たくなる、一緒にいると気付かなかった犬たちといる生活の効果

僕にはトラウマがある。 ある日を境に、檻の向こうに行ってしまって。体温の失われていく命の重さだけは、よくわかっている。 引用元:ある日を境に、きみは檻の向こうへと行ってしまう命だった。 | 川柳をこよ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly