川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

気ままに川柳生活。

投稿日:

川柳マガジン6月号届く。
久々に2句/3選者抜けていた。

全国の書店に並ぶこの雑誌、自分の名前と句が活字になる感覚は、いつも新鮮で
嬉しい。言い換えると、普段、自分たちの作っている「ふあうすと」誌だって、
活字になることを楽しみにしている人たちが全国にたくさん居るということだ。

そんな方々の期待に応えられるよう、丁寧な仕事を心がけたいと思う。
惰性で仕事はしない、いつも感動を添えていこう。

秋の大会に向けて、この時期にたくさんの川柳が公募される。

自分が応募しようと思っている大会について、締切の近い順に並べると
こんなスケジュールになる。

06/13 川柳マガジン6月号課題 合計13句
06/15 ふあうすと全人抄「雑詠」5句
06/15 神戸新聞文芸川柳「汗」1句
06/30 国民文化祭文芸祭「納豆」「水」「スピード」2句ずつ
07/10 第63回尼崎市文芸祭「雑詠」1句
07/15 第9回四万十川川柳全国大会「雑詠」2句
07/15 川柳マガジン7月号課題 合計13句
07/15 ふあうすと全人抄「雑詠」5句
07/31 第35回明石市文芸祭「雑詠」または「源氏物語」2句
07/31 神戸川柳祭08「渡る」「値打ち」「深い」1句ずつ

これら以外にも、案内が数日間隔で郵送されてくるので、実際はもう少しノルマが
厳しくなる。数が増えると、一つ一つの質も低くなってしまって、どうしても
「抜けない」ことが多くなってしまうけれど、「参加」しているだけで、得られる
ものが多いのもまた事実。

川柳は、自分にとって趣味でもあり仕事でもあるとも言える。
上手に自分を追い込みながら、苦しまない程度に、楽しんでいくようにしよう。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

クチコミの起こる仕掛けを、ひとつ、ふたつ、末永く。

金曜日、大阪。人通りの少ない場所での、新たなチャレンジについてのご相談。 いつものように「クチコミ」の起こる心理的な背景や、技術的な要素についてご説明させていただいたところ、とても気に入っていただけた …

バグ取りに丸一日以上。

たった一つの『改行』が、プログラムの動作をおかしくしていました。見つけるまで丸一日以上かかった。 今夜は眠れそうです。

no image

サルでもわかる「なぜ毎月保険証の提示が必要なのか」。

仕事で何度も「レセプト」という言葉が出てきていると思いますが。 たとえば11月に、君が病院に行ったとします。その医療費が1000円だった場合、窓口で君が負担するのは300円です。 病院は、残りの700 …

no image

ドラクエが川柳作家の前にあらわれた!

ご褒美を作って、とことん川柳モード。 悩み抜いて、15日までの締切に間に合ったー。そして、いま、この瞬間の達成感。 さ、少しだけ、勇者になってみようかな。 朝、ウォーキング、大蔵海岸は、今日から海開き …

no image

葬儀会場に向かう寝台車が黄色く染まった。

警:「規則ですから、フェアに取り締まってますから」 ば:「では、あなたの父親が亡くなったら、自宅から何百メートル先の駐車場まで、がらがらとお父様を転がして運んでいかれるわけですね?」 警:「・・・。誰 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly