川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

松山千春コンサート。

投稿日:


もうすぐ開演@大阪厚生年金会館。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

今日を綴る、綴り続ける、25000回目の継続

記念すべき25000回目のツイートが負でも蒼でもなく、達成感に満ちたものだったことが嬉しい。 さぼりまくっていた経理が片付いた。横で数字を読みあげてもらうだけで作業がかなり捗ることがわかった。嬉しい( …

no image

Twitter(今なに)への初挑戦。

何かと話題になっているTwitterに挑戦してみました。↓ばたの今なに(Twitter) blogの右側のサイドバーからもリンクしております。ブログに掲載するほどではない、ひとことメッセージを気ままに …

no image

誰かの心に留まるということは、価値になるということ ~フカをキョンする、ゼロをイチにする発想

「フカをキョンしたい」というフレーズを知った、セミたちの合唱の空で。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年7月26日 「フカをキョンしたい」という言葉をネット上で見つ …

no image

たこが逃げ出した。

明石という地名を出すと、必ず「たこ?」と聞かれる。何が「たこ?」なんだかわからん。その、クエスチョンマークはなんやねん。 飼ってるタコが逃げることがあってねぇ… というと、へぇ~ だって。 なんでもタ …

no image

心をどう届けたか、ではなく、心はどう届いたか ~言葉は足し算ではなく、引き算をする

頼りにされていると思えば強くなれるし、利用されていると思えば卑屈になるし。紙一重を埋める言葉と心の遣り方を、する側になってされる側になって、色々と考える。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly