川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

目覚まし時計を休ませる錠剤と粉薬。

投稿日:

日曜、夜間休日急病センター。

声が出せないからゼスチャーで伝えていると、先生も看護師も笑うもんだから困る。
どこの病院に行っても笑われるのは、何故。

急病センターでは一日分の薬しか貰えないので、本日朝、改めて近所の内科医で診察を
受けて、新しい薬を処方してもらった。どうやらこの薬が効いてる間は微熱程度で
症状も軽くなるし、声も出せるようになるらしい。

午後から出社して、入力業務。

社内プレゼンを聞いて所感を述べる。自分ならこう考える、こうする、の「こう」を、
「こうしろ」以外の指示で感じとらせたいといつも思う。本人はアンテナをどこまで
広げることが出来るだろう。

薬が切れ始めた頃、新長田へ移動。
同友会のブロック会に出席。懇親会はパスさせてもらって、家路についた。

この種の薬は、いつも翌日に「内臓」に来る。

明日やっておきたい仕事のいくつかは持ち帰り、最悪、自宅でも作業が出来るような
態勢にはしておいた。

ブロック会で、ある税理士さんに自らの発した質問。

「後継者のことって、どうお考えになってらっしゃいますか?」

もし自分に何かがあったら ―。

そんなことばかり考えてしまうのは、誰のせいだ。
言い訳、とも、きっかけ、とも。

本人は、夢にも出てきてくれないくせして。

目覚まし時計のスイッチを入れずに寝るつもり。

起きてからの判断。
わがままを許してください、すこし、休みたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

慈愛と哀れみの紙一重。

慈愛と哀れみを混同して、対等ではなく、同情で人に接してしまうのは相手に失礼なのではないか。周囲や世間には誤解や先入観が多くてぎりぎりの配慮をしているつもりだけれど、自分が哀れみで人に施してもらっている …

明石名物・風に揺られる干しダコ。

明石ならではの光景です。

生きていた証、今はいないという空虚感。

32歳ガン漂流エヴォリューション/奥山貴宏 blogを一通り読んで、本を読んでみたくなりました。文字を通じて生前の作者に対峙しています。どれだけ生きたかったことだろう? 彼の見た景色は今も変わらないま …

芸術に目覚めた追突事故。

天才画伯ばた。 本日は自民党新総裁阿部さんです。うますぎ。

大阪の空にも秋が泳いで

お盆休み前の最後の打ち合わせは大阪へ。ここからはしばらく事務仕事とライティングに集中する。 コンクリートの街の体感温度は神戸や明石と比較して高く、バテそうになるのだけれど、見上げるたびに秋の気配があっ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly