川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

誰の顔色を見る場所で、僕らという複数形は。

投稿日:

食べ過ぎてジョギングを100分、深夜2時前の帰宅。

父との思い出が残る道を走る。
勢い、浮かぶ川柳にも父が染み出してくる。

父を想う詩を書き残そうとすることは、もしかすると夜中のラブレターのような
危うさを持つのかもしれない。飾るつもりは全くない、けれど、読む人によっては、
どうしたって温度差もあるだろう。

万人に受け入れられる想いや言葉はなくても、どんな未来に読み返した時にさえ
その時の自分が納得出来ることばを綴ることが出来ればいいと思っている。

つまりやっぱり。

父が、父が、という表現は、きっとこれからも頻出するであろうことを示唆致したく、
どうかご理解のほどを。

一期一会、お客様との出会い。

電卓は持って行かない。
耳と目で、しっかりと熱意を感じてくることだけ。

相手が本気じゃないのに、本気になれるわけがない。

相手が本気なのに、本気にならなけりゃ嘘だ。

 「点」で終わらせずに、「線」になる力のすべてを。

私たちは、という複数形で実践していきたいと思っている。

お客様の横の席に、僕らはいつも座っていたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

僕たちという複数で紡ぎたい、この気持ちは。

円のために生きるのではなく、縁があるから生きているのだと、 いまの足元を、常に。 自分のような人間を、助け、支え続けて下さった方がいる。ひとり、ふたり、数は限りなく。 温もりを思い出し、優しさに触れ、 …

イルミネ。

写真にするといい感じ。

カフェや公園でブログを書きたくなるiPhoneアプリ「するぷろ」に惚れてる。

出先からのブログ更新といえば、昔はメールでの更新が主だった。写真を添えることは出来ても、文字を修飾したり変化に富んだ表情のあるエントリーを行うことは多くの手間を必要とした。 それが「するぷろ」「するぷ …

世界で一番犬が好き。

中学一年生の頃に、近所にやってきた野良犬でした。 夜だけは家で泊めてあげることにして、昼間は外で、他の犬たちと遊ぶ。野良犬とは思えない毛並みの美しさ、穏やかな表情で、あーちゃんはいつだって近所の人の人 …

no image

関西に存在する5秒ルール。

落としてしまった食べ物でも、5秒以内に拾って食べればセーフ。そんな関西ルールに基づいて。 どしゃ降りの中でも、自販機で飲み物を購入する5秒くらいなら大丈夫だろうと飛び出した27歳男。 …おう、そうさ、 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly