川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

あのね、実はね。

投稿日:


新幹線に「ひとりで」乗るのは生まれてはじめて。

きゃー。
便所いっとこー。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

僕たちは失敗をする動物だし、許すことのできる人間でもある

「ごめんで済んだら警察はいらん」というのは確かにそうなんだろうけれど、「ごめんなさい」と「ありがとう」という言葉をまず最初に学んだ僕たちでもある。真摯な反省の後には再挑戦のできる土壌や空気、その余地を …

no image

土下座したい日も飛び上がりたい日もあった、これまでの。

 2年前の今ごろは父の亡くなる直前でもあり、仕事に追われながら病院に通っていたことを思い出す。今日、その時と同じ仕事を滞りなく終えることが出来て、薄紅に染まり始めた神戸の街を気持ち良くくぐり抜けて走っ …

no image

秋に誘われ、心の涙を止めたい夜は。

「動機」「陰の季節」「クライマーズ・ハイ」と読破。 貪るように本を読むことに没頭しています。横山秀夫さんは、上手に「人の陰」を書かれる方だなぁ、と。 すぐ背後から「これはお前のことだよ」と、そう囁かれ …

no image

元気良く行きたい、学びの機会。

明日は、悪の秘密結社兵庫県中小企業家同友会の一日研修です。 遠足気分で「おやつどうしよ?」とワクワクしているメンバーもいるようです。さすがアットホームな西神戸支部。 朝から夕方までホテルで籠もって、来 …

no image

一生懸命に準備をして思い切り喜んだり悔しがったりすることを心は求めたがっている

今日が本番の楽譜を書き換えたり、お客さんにメールを送ったり、コピーを書いたり、経理仕事をしたり、電話をしたり、入札中のオークションが落札できたらいいなーと眺めてみたり。 脳みそのあっちこっちに光が灯っ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly