川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

月に一度のお手紙day、年に一度の川柳誌。

投稿日:

月末の請求書はthank youレターも兼ねて送ります。

お客様の顔をしっかり思い出せるきっかけを自分に課していかないと、
机の上でしか仕事の出来ない人間になってしまいそう。

一枚、一枚、文通感覚で、自分も楽しみながら書かせて貰っています。

そうそう、年に一度の大仕事『第53回全国川柳作家年鑑(ふあうすと川柳社)』も
出来上がってまいりました。

夏から殺人的なスケジュールに追われましたが、これでようやく一区切り。
明日、編集部の方にお届けする予定です。

全国の川柳ファンの皆様、大変長らく、お待たせいたしました・・・。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

読破、そして次なる読書。

半落ち(横山秀夫)。 狂ったように本を読んでいます。入り込めると、その時間は辛いことを考えないので済むのがいい。 何か生きるヒントを得られるでしょうか。 そうでありたいな。 さて、まだ帰りたくない今夜 …

奈良に来たけど。

趣味の世界、トレインカフェ。

本日の村上給食。

茶そば?

3年が過ぎても、いつもと同じように頼んでいる。

「少しでも体力の残っているうちに、会社を清算する方法を教えてほしい」 こういう相談は初めてだった。 震災は、身体に心に傷を残す。そして、今度は見慣れた景色や存在にも、様々な 影響を及ぼし始めている。 …

no image

言葉が覆っているものが何であるのか、人は覗こうとする #世界一のクリスマスツリー

高速道路から、寒くて悲しそうな景色を眺めながら帰ってきた。 震災の痛みを分け合ったあの日の僕たちを、安っぽい言葉が覆っていく。さらに大切なものを失い、失わせてしまったような申し訳ない気持ちになった。 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly