川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

華麗なる朝を迎えて。

投稿日:

クリーニング屋さんにいつも、カレーを食べた回数を言い当てられる。

「ふふ、今週のそれはね、カレーうどんなんですよ」

言い返してから(しまった。お姉さんはライスだなんて、これっぽっちも限定してなかったぞ)と慌てるものの、「そうなのね」と穏やかな笑みを向けてくれていることに申し訳ない気持ちでいっぱいになる。嗚呼、僕はなんて器が小さいのだろう。

いろんな場面で自責の念にかられることがあって人生。その反省の反映される、加齢相応の余裕を持ち合わせたいものだ。

月曜日、新しい始まり。
深まる秋に「カレー鍋もいいな」と思いながら、始動していく。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

温もりのある言葉たちに感謝、感謝。

皆様から、色々と心温まるメールやコメントを頂いております。返信が遅くなってしまい申し訳ありません。 >ENさん 「余命」って、嫌な言葉ですよね。 自分の命なのに、統計の中で、その長さを決められてしまう …

no image

流行に敏感な僕の嗜好。

ダニエル・パウダーという人は良く知りませんが、 健ちゃんパウダーは大好きです。

no image

暖かい親父ギャグなんてものは存在しないのだ ~灯油あったかキャンペーンに対する考察

たとえば「温かいざるそば」が存在しないのと同じで、「暖かい親父ギャグ」なんてものは存在しないのだ。親父ギャグは極寒の環境下において存在し得る。お蕎麦を食べて「美味しい」と言葉にする。親父ギャグを聞いて …

repose of the soul.

大蔵海岸、明石市民花火大会での歩道橋事故から11年の月日が経った。自責他責を問う苦しみと闘いは今も続いていて、夏の入口、安全と責任について毎年考えさせられる。 青空に歓声。 砂浜に似合うのは、やっぱり …

no image

ピアノがあるということ、空気を入れ替えるということ

感情や人付き合いには総量があるのではないかということを以前書いた。 「総量」というのは感覚的なもので、僕はこれをよく、ベンチに例えて表現する。座ることのできる人の数は一定で、誰かが席を立てば、必ずまた …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)