川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

轢かれそうになっても。

投稿日:

ポニョー。

轢かれそうになっても、車がフィットだったから許せてしまうんだ。
むしろ僕の血で汚してしまってはいけない、くらいの気持ちだよ。

さぁ走ろう。

ドラフトで指名されて、ミスタータイガースを目指すその日のために。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

旧事務所の大掃除と、火葬に向かった桜の葬列と。

旧事務所の大掃除。 彼らは今、それぞれに新しい命を授かり、その誕生に向けて仕事に家族のケアにと一生懸命頑張ってくれている。自分自身が働く父の背中を見て育ったので、彼らの働く姿も子どもたちに見てもらいた …

渋滞30キロを抜けて。

ただいま、電波の来ない土山SA。 近江茶飲まねば。

泣き虫になる遠く遠くを、一年に一度許してほしい日

お花見の席に呼んでいただいた。 いつものように場を盛り上げようとして、あなたがいると楽しいと言われると、やっぱりこれが自分の生きる道なんだなぁと思う。人にはそれぞれの道があって、僕はこうして自分の色を …

no image

朝から栄養ドリンク2本。

だるい。 栄養ドリンクで、未来の元気を前借りしているような。いつか枯渇してしまいそう。 しんどくなる何かがある、というわけでもなく、単なる体力不足から来る疲労の蓄積なのかな。運動せにゃ。

no image

継続の背中にチカラは宿る ~ブログでは10年、ネット上では25年以上書き続けてきました

中学校時代の同窓会が開かれたらしい(行かなかったけれど)。 うちの学区は幼稚園から中学校の卒業までメンバーの入れ替わりがなく、一学年120人程度の規模だったので全員が幼馴染。女性陣たちは着飾って小奇麗 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly