川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

轢かれそうになっても。

投稿日:

ポニョー。

轢かれそうになっても、車がフィットだったから許せてしまうんだ。
むしろ僕の血で汚してしまってはいけない、くらいの気持ちだよ。

さぁ走ろう。

ドラフトで指名されて、ミスタータイガースを目指すその日のために。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

ドラクエが川柳作家の前にあらわれた!

ご褒美を作って、とことん川柳モード。 悩み抜いて、15日までの締切に間に合ったー。そして、いま、この瞬間の達成感。 さ、少しだけ、勇者になってみようかな。 朝、ウォーキング、大蔵海岸は、今日から海開き …

加古川市立漕艇センター。

日焼けの予感。

no image

「あの人に頼んだら簡単にやってくれるから」にある、見えない幾年

「仕事の価値も分からずに無料でやらせるんじゃないよ」と憤っている人を見ると、それは価値をちゃんと伝えられていないあなたにも原因があるのではないかと思う。一方で「あの人に頼んだら簡単にやってくれるから」 …

no image

「いらっしゃい」と「いらっしゃいませ」を使っていい人、使ってはいけない人。

仕事に必要でゴルフの雑誌。色々あって避けていた世界に接点が出来るのも不思議。心理が作用するスポーツ、それを拾い集めて、笑ってもらえるよう共感してもらえるよう、短く表現していく。その言葉たちが目に触れる …

芦屋川の駅から六甲山頂、そして有馬温泉へ ~チームという列は、長くならない程度に頂点を目指した

阪急芦屋川駅から六甲山頂を経て有馬温泉まで。サイコーだった。仲間で何かをやる、とか、助け合う、とか。今はそういうのが響く。待つこともそう、鼓舞することもそう。響く、ひびく。 — 西端康孝 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly