川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

明石原人腰骨発見地。

投稿日:


ポニョ、僕の足腰はもうガクガクだよ。
あと、どれくらいなんだろう。

ぶっちゃけ『端っこまで行くよ』という前言を撤回したいんだ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

市営バスの運転手と乱闘騒ぎだなんて。

こんにちわ。 本家の方の更新が滞っておりすいません。市営バスの運転手と乱闘騒ぎになって、勾留されているのではないかという噂もあるようですが、事実無根です。ちゃんと和解しましたってば。 22日以降、時間 …

no image

刺激と学びと気付きの三原則 〜プレイヤーの沈黙、マネジャーの退き際

朝から事務所にこもる。 外出がなければ事務仕事が捗るし、社内でのコミュニケーションも取れる。一方、外に出なければ数字が伴わず、月末ならではの苦しさに襲われたりもする。小さい会社だからプレイヤーとして動 …

言葉たちのリアル、言葉たちの想像。

文芸の世界にも写実主義とロマン主義とがあって、虚構であってはならないという意見と表現のなかで想像は自由であるという意見が対立する場面をよく見かける。どうであれ、読み手の想像力に委ねることに変わりはなく …

no image

震災の神戸の街にあった、勇気 ― 仰木彬監督。

オリックスの仰木彬元監督が亡くなった。 プロ野球ファンとして、関西をこよなく愛する人間として、そして何よりもあの阪神大震災から立ち直るための勇気を貰った人間の一人として、これほど悲しい別れはない。 僕 …

no image

準備に費やした時間があるから、本番、変化する自分を感じられた ~同友会バンド演奏を終えて

バンド演奏、本番。楽しかった。 ピアノ演奏、楽しかった。 人前で弾くと、その場のエネルギーを指に乗せることができるんだな。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2015 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly