川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

言いたくないことを社員に言うよりもストレスのたまること。

投稿日:

社員に宛てたメール(要約):

謝罪について考える。

遅刻をしてきて「電車が遅れまして」と言うビジネスマンは最低。

まずはちゃんと「申し訳ございません」と謝ること。
謝って、相手から「何故遅れたのか?」と聞かれて、はじめて理由を言う。

聞かれてもいないのに、理由を述べることは、言い訳にすぎない。

相手を不快にさせたという事実について謝るのが、大人のけじめである。

相手の「?」が出てから答えをすれば、状況は好転する。

もちろん、ただ単に「謝るだけ」でもいけない。

「申し訳ございません」という言い方だけでは
「何が申し訳ない?」と言われてしまう。

故に、答えるべきは、遅刻をしたことについてではなくて、

「迷惑をおかけしたこと」「不快な思いにさせたこと」を詫びる。

謝罪に、言い訳は、絶対に不要。

心を込めた謝罪ができるようになると、今度は「クレームを次のチャンスにつなげる」
ことができるようになる。

マイナスの状況をプラスに転じさせるためには、小手先の技術ではない、
心を込めた提案と行動が必要とされる。

お客様は理由なんて見ていない。
まず、姿勢を見ている。まず、第一声を聞こうとしている。

それが表現できるからこそ、うちの会社は「サービス業」というこだわりを持てる。

忘れないでいてほしい。

と、いう内容を、関西弁のイントネーションで、少しだけ怒ったように書いた一日。

「妬まず」「怒らず」「愚痴らず」には、まだまだ遠い人間だなぁ。

怒って、血圧プラス30。

今日も通過したETCに、ドキドキして、プラス80。慣れない。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

総重量460キロの大掃除。

於、苅藻クリーンセンター。 今年もお世話になりました。腰を激しく痛めたところで本年の仕事納めです。

no image

責任を果たすための撤退

たとえば、これまでなら3時間で出来たことが、今は倍近くの時間を要するようになってしまった。疲れているのかもしれないし、必要だった感性や能力が涸れてきたのかもしれない。夕方になると視界がボヤけてピントも …

no image

掃除の汗をかいて、年末へのダッシュ。

明日はボランティア活動。 母校(高校)周辺の清掃活動に参加してきます。たまにゃ、こういうこともね。 帰宅したら、川柳を書いて、あとは自宅で仕事。 年末年始の「のんびり」を目指して、積み残さないよう、頑 …

no image

ありがとうの続いて、向かう場所。

「こんなことがあって、あんな人がいて、すっごい嬉しかったんやでー」 苦しいことも聞いてもらうから、嬉しいことも、仏壇に報告。やっぱり、商売の、人付き合いの、この原点は、親父に学んだんだよなぁ。 おやじ …

no image

近寄りがたいおっさんとして

今日は高砂で @tanebon @donpy とサムギョプサル。美味しい。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年2月23日 「香る」と「薫る」の使い分けについては、い …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly