川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

手紙になってしまった、今年ラストの。

投稿日:

仕事でお世話になっているMさんから、お肉をいただいた。

今年3度目の贈り物。
すっかり病み付きになってしまった宮崎の和牛。 いつもお心遣い、ありがとうございます。

ご褒美用の美味しい焼酎と一緒に、至福の時間。

関わりの深い4人との別れを経験した、2008年の自分のblogを全て読み返した。

中でもやっぱり、父のことは、自分にとって一番の出来事だった。

1月になって、すぐに入院している。
酸素マスクをつけて、今にも心臓が止まるのではないかと思うほどの苦しい表情。

手術、奇跡的な復活。

希望だけを見ていた。
これからのことだけを信じていた。

だけど、突然だった。

ドラマのように線になっていく心電図。
繰り返し呼び続けた、叫び続けた自分の声。 今でもよく覚えている。

父さんは、何の返事もないままに眠りについた。 今でもよく覚えている。

喪主になった、挨拶もちゃんと出来た。

来ていただいた方に、笑顔でこたえた。
来ていただいた方のことを、父にはちゃんと伝えた。

そしてそこから、ずっと、ホントに寂しい時間が始まった。

色々あって、秋の終わり頃まで何度も。

家庭裁判所にも通った。
父さん、やっぱりさ、父さんの心配してた通りになったぞー。

だから「まだ死ねない」って、自分でも言ってたのになぁ。

夢でもまだ、逢えない。

どこにいるのかなって、いつも考えてしまう。

無になっちゃったんだろうか。
天国ってとこにいっちゃったのか。

悪いこともしてたもんな、地獄?

それとも、そばにいてくれて、見えなくて、聞こえないだけ?

生まれる前から、俺は親父の子だったんだ。

商売人なんだ。
仕事、一生懸命がんばって、人の役に立つような商品やサービスを提供して。

自分も、相手も、社会も良くなる。

商売をする人間はそうでなくちゃいけない。
そうやって考えて、行動していかなくちゃいけない。

今は、同じようにやって頑張ってるよ、結果をちゃんと、出してるよ。

見て欲しかったんだけどな。
そして「まだまだだな」って、笑いながら言って欲しかったんだけどな。

っとに。

強くなりたかったのに、泣き虫にしちゃってくれて。
タイミング、悪すぎるって。

親父が死んじゃって、いなくなっちゃって。

いろんな人が助けてくれたよ。
そして、人の優しさに気がつけるようにもなった。

俺は親父に商売を学びましたからって。

偉そうに言ってくる人には、いつもそう牙を剥いている。
相変わらず生意気やろ? 

でも、きっと親父も同じように言うんやろうなって、そんな気がしてる。

これが間違えてるんなら、間違えたまんまでもいいや。
親父と同じように、やりたいねん。

あー。

一年を、冷静に振り返ろうと思ったのに。
支離滅裂、さいてー。

大晦日、伝えたい言葉はひとつだけ。

底に沈みそうな自分を、何度もいつでも助けてくれた、諸先輩方、仲間たち。
涙のときは、そっとしていてくれた、家族。

小さな会社にたくさんの希望を与えては、育ててくれた、お客様。

そして、なによりも、自分に一番の影響を与えてくれた、父さん。

心の底から、ありがとうを送ります。

2009年は、ますますイケイケ。
ふれあうたびに、頑張ってるなぁと言って貰える存在を目指して、頑張っていきます。

みんなで、いい一年にしていきましょうね!

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

尼御前SAにて。

目的地直前。 何か食わねば。

北朱雀洞。

no image

ほうこく、そうだん、笑っているね。

お客様の事務所。 先週からずっと掛かりっきりになっていた、ネットワーク関係のトラブルを、ようやくどうにか解決することが出来た。 ついでに、プリンタのIPも見直して印刷時に生じていたトラブルも解決。 ケ …

自分たちの限界を決めないで空に触れようとする姿に

先日、高砂で撮影したもう一枚。 柵の高さは人間の都合、自分たちの限界を決めないで空に触れようとする精いっぱいに強いエネルギーを感じた。 限界が訪れる前に無理をしないでおくのも一つだし、限界が来てから休 …

加古川市立漕艇センター。

日焼けの予感。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly