川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

震災の映像のどこかで、父は、ひととして在り続ける。

投稿日:

あの「阪神・淡路大震災」で本当は一体何が起きていたのか、その真実がよくわかるムービー集 – GIGAZINE

毎年、一番の泣き虫になってしまう日がやってきた。

今年は上のサイトの映像を眺めて過ごした。
すると全身が震え始めて、涙が止まらなくなってしまった。

震災の中にいて、父とした会話のことが一気に思い出されたんだ。

「焼けなくて良かったよなぁ」

神戸元町の商店街で。
父は、バイクの後ろに乗って、店が大丈夫だったことを確かめるとすぐに。

ありったけの在庫のリュックを、利益なしで売り始めた。

そんな父の様子を、テレビ局が取材に来てくれた。
もしかすると、まだ見ないどこかのネット上の映像で、父に出会えるのかもしれない。

父は話してくれた。

「それぞれが、出来るときに、出来ることをやればいい」

無になってもおかしくなった、そんな命と、店の灯りと。
一生懸命守り続けたのに、そうか、もう、父はいなくなっちゃったんだよな。

「せっかく助かったのになぁ」

そう、声に出したら、ぶわっと涙が溢れ出してしまった。

あの頃、大学受験生だった僕は、出来ることを、一生懸命にやった。

そして今の僕は、ちゃんとやるべきことを、出来ているんだろうか。
何年経っても特別な一日に。

今年からは、父への想いも重なってしまって。

ますます、生かされている時間への想いを新たにしていくことになるのだろうと思う。

出来るときに、出来ることを。

震災の日と、そこからの。
いろんな教訓が刻まれている、父との、父からの、神戸の街からの。

色褪せないままの自分を、表現し続けていけるようで、ありたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

ネジがうまく廻せない、だって乙女座だもん。

IKEAに行ってきました。 自宅でも背筋を伸ばして仕事をするのだ! と張り切って、机(テーブル)を買ってきましたけれど。 組み立てるの、しんどいー。 ねじ、ぐいぐいっとまわらんー。だれか、ぐいぐいぐい …

no image

雨は虹の卵だね。

「虹が見たければ、まず、雨の降ることだよ」 傘の花が咲いて、重たきを行く駅前。この時はまだ、ほとんどの想像にない虹の空でも、ちゃんとちゃんと、それを見据えて口角を上げている人もいるに違いない。 期待に …

no image

ナルシストなのだ。

明日早退する分まで、入力作業に勤しむ一日。 いい句だなぁ、素敵な句だなぁと、鼻歌交じりで川柳を入力をしていると「これはぁ!!!」と思う句に出会う。 そして出会ってすぐに、それは自分が数ヶ月前に投稿して …

今日の村上給食。

いかにも『男性』向け。 女性の多い職場ではしんどいかなあ?

no image

朝10時起床、朝風呂満喫。

連休明けから5月の中旬まで。仕事の予定がぎゅっと詰まってまいりました。 が、この4連休は仕事を忘れて過ごす予定にしております。 買ったまんまで、未だ封も開けていないゲームは5本以上。積み上げられた本も …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly