川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

震災の映像のどこかで、父は、ひととして在り続ける。

投稿日:

あの「阪神・淡路大震災」で本当は一体何が起きていたのか、その真実がよくわかるムービー集 – GIGAZINE

毎年、一番の泣き虫になってしまう日がやってきた。

今年は上のサイトの映像を眺めて過ごした。
すると全身が震え始めて、涙が止まらなくなってしまった。

震災の中にいて、父とした会話のことが一気に思い出されたんだ。

「焼けなくて良かったよなぁ」

神戸元町の商店街で。
父は、バイクの後ろに乗って、店が大丈夫だったことを確かめるとすぐに。

ありったけの在庫のリュックを、利益なしで売り始めた。

そんな父の様子を、テレビ局が取材に来てくれた。
もしかすると、まだ見ないどこかのネット上の映像で、父に出会えるのかもしれない。

父は話してくれた。

「それぞれが、出来るときに、出来ることをやればいい」

無になってもおかしくなった、そんな命と、店の灯りと。
一生懸命守り続けたのに、そうか、もう、父はいなくなっちゃったんだよな。

「せっかく助かったのになぁ」

そう、声に出したら、ぶわっと涙が溢れ出してしまった。

あの頃、大学受験生だった僕は、出来ることを、一生懸命にやった。

そして今の僕は、ちゃんとやるべきことを、出来ているんだろうか。
何年経っても特別な一日に。

今年からは、父への想いも重なってしまって。

ますます、生かされている時間への想いを新たにしていくことになるのだろうと思う。

出来るときに、出来ることを。

震災の日と、そこからの。
いろんな教訓が刻まれている、父との、父からの、神戸の街からの。

色褪せないままの自分を、表現し続けていけるようで、ありたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

今日の血圧。

泳げる距離も伸びてまいりました。

姫路科学館。

学びー。

no image

いくらかのノイズに、これまでを否定してしまわないように生きよう

100:0はなくて51:49でいいと思ってる。ただ、たまたま負が続いて49:51になってしまったときは、謙虚にもなるべきだし、負けてもいけないんだろうなと思う。あえてスルーするけれど、折れやすくもある …

一青窈さんコンサートツアーファイナル。

二日目千秋楽、岸和田浪切ホール。 奈良から下道を走ってまいりました。楽しんできます。

春は来るのか、春に行くのか。

春の来る前に、その人たちの気配はなくなってしまった。 ここに集った夢たちは、いま、どうしているのかな。会社をしていて、いつも怯えてしまう看板の一つでもある。 春を待つ、は、春を手繰り寄せると同義ではな …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly