川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

いつもどおり、当たり前の。

投稿日:

あーちゃんは落ち着いていて、いつもと同じような過ごし方。

もう、歩けないのかな、というほど弱っていた足腰も、今はすっかり快復したようで
ちょこちょこと、歩き回っている。

ご飯もたくさんたべて、水もたくさん飲んで。

当たり前のことが、本当に嬉しい。
こんな当たり前が、出来ればずっと続いていてほしい。

自分がまだ、中学1年生だった頃からの、ずっとずっとの付き合い。

すっかり遠くなってしまった耳に、「ずっと一緒だよ」を繰りかえす。
心から、それを、想っている。

明日、日曜日。

劇団四季のオペラ座の怪人のチケットを譲っていただけることになりました。
これは行かねば。

明日やるつもりだった仕事も、今日、まとめてやってしまいます。

ひきこもり土曜日。
頑張ります。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

明石には明石を横断する。

浜の散歩道ってのがあるんだ、ポニョ。 端っこまで行けるかな。目指せ東二見、15キロコースだよ。

名刺をカラーにしてみました。

新しいお客様に出会うのが楽しみになります。 お客様にとって効果の出る仕事、楽しくなれるような仕事を積み重ねていきたいものですね。

今から結婚式。

お腹ぺこぺこ。 進行は前倒しで宜しくお願いします。

会社に吹いた風の色。

ある検討。 書き出してみる、活字にしてみる。言霊(ことだま)のさらにその次、図形としての文字の並びを意識する。 そうして、刺のない言葉が並んだとき、それが、残したい意思となる。 伝わるかどうか、届くか …

no image

ゲロる女性。

昨夜。 駅のホームで、誰に介抱されることもなく女の子が一人ゲロっていた。あまりにも悲しい後ろ姿。せめて背中だけでもさすってやろうかと、そばに寄ってみたら。 なんだ、おい、見たことのない茶色のゲロ。 黄 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly