川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

あのあと、さらにもう一つのアーチを描いた、のに。

投稿日:

見上げるサクラもいいけれど。

足元のオイラも忘れてもらっちゃ困るぜー。

なんて声も聞こえてきそうなチューリップ。

膝を曲げてあげて、今日の背伸びをパチリ。

こんな春の陽気に。

4番が3連発で負ける? どないなってまんねんー。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

足らずばかりを埋めるこれから。

川柳誌の選後欄は、選者が何故、その句を選んだのか選ばなかったのかを知ることの出来る貴重なスペース。その欄を目一杯使って選のあり方を批判するのであれば、最初から関わらないという「選」でも良かったのではな …

夏の音になった。

屈むような場所から、今ごろはもう、夏の高さだね。

ワニ

山上リフト。

こわい…

身体は動いていても前には進まない、それが足踏みなのだから。

女性経営者の方お二人のお話を、それぞれ伺う機会をいただいた。    仕組みを作ったり、         縁を繋いだり、   既成概念という常識にとらわれなかったり、            走りながら考 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly