川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

あのあと、さらにもう一つのアーチを描いた、のに。

投稿日:

見上げるサクラもいいけれど。

足元のオイラも忘れてもらっちゃ困るぜー。

なんて声も聞こえてきそうなチューリップ。

膝を曲げてあげて、今日の背伸びをパチリ。

こんな春の陽気に。

4番が3連発で負ける? どないなってまんねんー。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

睡眠時間。

相変わらず、ほとんど「ばたんQ」な毎日。 何が忙しいというわけでもないのだろうけれど、やっぱり精神的に余裕がないのかも。時間を上手に利用できていないような気がする。 周囲の人間の嬉しそうな幸せそうなニ …

贅沢すぎる青と緑だ。

ポニョー。いい天気すぎるよね。 走り出すまで、新しいラーメン屋を検索していた、朝の時間が勿体なさすぎるんだ。 びば、豚骨。

明石には明石を横断する。

浜の散歩道ってのがあるんだ、ポニョ。 端っこまで行けるかな。目指せ東二見、15キロコースだよ。

「一緒に本でも書こうか、賞を狙おうか」 ~倒れた94歳の祖母へ、僕のルーツへ

昨日の同友会の発表では、自分の父親のことを話した。つまり、自分のルーツについて。 そのルーツについて話した次の日に、さらなる源流である祖母(父の母)の見舞いに訪れた。祖母はこの夏に倒れて、垂水の病院に …

katakori

同じ未来に臨むなら、どれだけの準備をしてその場に向かうべきなのだろう

「自分ならこんな風に議事を進めるし、あんな風な決め方は絶対しない。ダメダメだな、この会議」- 自分との相性だけで会議に臨んでいたのも今は昔。最近は色々な方の考え方を客観的に眺められるようになった。 自 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly