川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

すすむ緑内障の症状 ~奇跡の絶景を目に焼き付けていきたい

投稿日:

病院というところがどうしても苦手で、特に、眼医者さんで眼圧を測定するために行う、眼球に風をあてる検査では毎度気絶してしまいます。

だんだん視界が白くなり、周囲の声が遠くで聞こえるようになるのです。その後しばらくして気が付くと、横たわった僕に誰かが優しく毛布をかけてくれているという始末。世界中が優しさに満ちていることを実感します。

昨年眼医者さんで検査をしてもらったところ、緑内障の疑いがあると診断されました。今回はその経過観察と、アレルギー用の目薬をいただきに行ってきたのです。緑内障は20人に1人がなる病気だそうですが、油断すると失明の危険性もあるらしく、定期的な検査は欠かせません。

すこしだけ、症状は進行していました。進行を遅らせる薬もあるのですが、副作用もあるそうで、服用を始めるタイミングは慎重に考えなければなりません。とりあえずもう半年、様子を見てから判断しようということになりました。

症状として(自覚はないのですが)視野が狭くなっているのだそうです。何か大切なものを見逃してしまう人生はあまりに勿体なく、先生の仰ることを聞いて、この素晴らしい世界をしっかり焼き付けていきたいですね。

奇跡の絶景が、ちょっとしたブームになっています。

叶うならば、風、光、音、歴史。五感で感じられる場所に身を置いてしばらく、ファインダー越しの想像を膨らませながら言葉を重ねてみたいものです。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

なにをしてやれば。

家族の立会いを求められた医師からの説明。 伝え聞いた話では、父は、五体で在りたいことを主張して、五体でないのであれば、と、嘆願を繰り返した。 弱虫は父親譲り。 だからいやだね、僕を流れる血は、絶望的な …

フラワーアレンジメント。

デモンストレーション。 於、神戸ハーバーランドスペースシアター。

リスクとリターンの関係 ~未来から逆算して今を投資する、2014年回顧

亡くなった父の言葉を思い出すとき、もう触れることのできない犬たちの温度を想うとき、いつだって壊れてしまいそうになる。 喪失の悲しみを知って、もう、これ以上に辛いことはないだろうと思っていた僕を襲ったの …

no image

瀬戸内で一番着こなしのうまい男ですから。

今日も熱は上がらず。ただ、咳はやっぱり良く出る。 扁桃腺炎を定期的に起こしていることがカルテでわかった。 周期的に、疲れが溜まるってことなんだろう。もうちょっと睡眠時間を増やすようにしなくては。 あと …

金本兄貴の言葉にあるように。

38度5分までは、熱でも何でもないと。 意外に元気。気持ちのいい週の始まりです。 いってきまーす。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)