川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

桂歌丸師匠が与えてくれた、商売人として生きる僕への好影響

投稿日:

経営者として14年目のスタートを切りましたが、やっぱり自分は、経営者と言われるよりも「商売人」という響きのほうがしっくりくるのです。

商店街で働く父の背を見て育ちました。通りかかるお客さんにお店の存在に気付いてもらい、商品を満足して購入していただくためにはどうすれば良いのか。父はいつも、購入前から購入後までの物語を想像して、お店作りと接客に勤しんでいました。

商売というのは、最終的には自分自身が商品だと思うのです。自分だけが提供することのできる商品なんて、世の中にはあり得ません。誰かが同じものを作り出すことができる以上、自分が商品の一部となって、選ばれるポイントとならなければならない。僕は父の商売を営む姿に、ずっとそんなことを教わってきたように思います。だから仕事の9割は段取りで、自分自身を開示していくことは大切なのです。

桂歌丸師匠がお亡くなりになりました。

僕は毎朝、自分の声を録音して、トークの練習をします。どんな風にすれば笑ってもらえるだろう、今日の自分の声は暗い印象を与えないだろうか、こんな時事ネタを入れて会話をすれば相手に喜んでもらえるのではないか。自分自身が商品です。知識や技術の研鑽は当然のものとして、それにプラス、自分という人間を選んでもらって良かったと思っていただくために、この練習は欠かしません。

そしてトークを磨くために、歌丸師匠の落語は教材として利用させてもらっていたのです。絶妙な間(ま)の取り方、とぼけたトーンで役になりきる演出は、僕がずっと憧れていた技術でした。

歌丸師匠は病床にいてもずっと稽古を続けられたそうですが、プロとは、現状に疑問を抱き、常に上を目指していく人たちのことを言うのだと思います。【技術・知識・個性】の3つで僕という商品が構成されているのならば、僕はこれから先もずっと、鍛錬を怠ることなく継続していくべきでしょう。身は滅んでも芸は残ります。僕という人間の商売のやり方が、父から受け継がれたように、これからもずっと継いでいかれるような、そんなこれからを考えていかなければなりません。

自分に好影響を与えてくださった方が次々と鬼籍に入られ、ひとつひとつの時代に区切りがついていく感覚に、どうしても焦燥を感じずにはいられませんが、影響という粒子が僕の中に在って響きつづける限り、僕はそれを外部に表明し続けることができます。内なる声をちゃんと捉まえて、かたちにすること。それが僕の表現者としての矜持であり、商売人としてのスタンスでもあります。生きていくこと、その生き方に、この粒子たちを反映させていくことを約束して、師匠へのお別れの言葉としたいと思います。ありがとうございました、歌丸師匠。

Google

Google

-業務日記
-

執筆者:

関連記事

no image

文字数を稼ぐためのライティングの仕事、見透かされてしまう僕の悪い癖

俗にいう「にっぱち(2月8月)」は、商売をしている人間にとって売上の落ちる悩ましい月間である。うちの会社も数字の上ではしんどいのだけれど、年度末に納品する制作物や相談が集中する月でもあって、この2か月 …

no image

僕は会社をこんな風であるがために。

自分に何かがあっても、会社は存続していなければならないし、置かれている状況に変化があって、それが会社の経営に影響を及ぼすとすれば、組織の形成の仕方に問題があったことになるのだろう。 だから、まだ組織と …

no image

僕が投げ返しやすい場所に投げてくれた、オリンピック代表とのキャッチボールの思い出

チャーハンに対する好みは人それぞれだ。 彼がうまいと評するあのお店のチャーハンが、彼女からは酷評されることもある。それでも店主は、味付けを変えることはしない。一つの意見に媚びるのではなく、自分の味を貫 …

no image

役割が人を育てるのならば、世代交代の進む制度を採り入れるべきではないか

「こちらも次代に託していきたい頃だ」と新聞記事にあるのを読んで「まだやるつもりなのか」と思ってしまった。悪い人だとは思わないし、リーダーとしても学ぶべきところがたくさんあるのだけれど、「役割が人を育て …

謙虚は大事、謙遜しすぎないのは大事、それが一番大事

おべんちゃらを言うことは、好きとか嫌いとかではなく、面倒だな、と思う。 利害関係を考えて、相手の自尊心をくすぐるようなことを言うのは営業の人間であれば当たり前だと言われるかもしれない。ただ、ひとは、自 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)