川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

不況以上に恐れていたコト。

投稿日:

新型インフルエンザ。

街に活気がなくなってしまった。
疑心暗鬼、咳の聞こえてくる方向へ敏感になってしまう。

元町の商店街にある親の店の売上も、壊滅的な状況。

症状のわりに、はたして、ここまで大袈裟になる必要はあるのかなぁ。

症状が出たときの対応などについて、社内MLで指示。
人混みへの移動行動は、出来るだけ回避するようにしたい。

示しもつかないし、今週来週あたりの集会・イベント等への参加は自粛すべき、かな。

正しいうがいの仕方は、まず「ぶくぶく」、そして「がらがら」。
順序を間違えても、いきなり「がらがら」してしまっても、効果はなくなってしまうらしい。

事務所も自宅も、湿気を多くすることを意識して、出来るだけの予防に努めたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

映画を一緒に見るような、そんなつもりの位置で。

朝、明石駅でS先輩とアポ。 近況について、未来のことについて話を聞く。自分にとって懸念事項になっている、ある人間関係の問題については、やっぱりそろそろ精算するべき時期が近づいているようにも思う。 精神 …

溢れ出す、ほんの少しのそれを、すこしずつ。

心から、祈っています。 メールに添えたら、「神社仏閣巡りが趣味じゃなかった!?」 んじゃー、これこれ、これでどう? 「なんかねぇ、素材っぽくて、面白くない」 祈るのも、一苦労(笑) 祈り方も、想い方も …

梅雨の合間の北条鉄道  ― 疲れたら、背伸びと深呼吸の場所。

長(おさ)駅。 北条鉄道沿線は、絵になる景色がたくさん。 一両編成の、こんな可愛い気動車がやってきました。   青いユニフォームを追いかけてみたり、鉄と緑の萌える場所で歴史を感じてみたり。 …

5月、新緑、定期演奏会、吹奏楽部だった頃の。

今日は母校吹奏楽部の定期演奏会。現役の頃からずっと5月の連休に行われてきたものだから、この時期、祈るような心弾むような気持ちになる。 午前のリハーサルを終えて午後の本番が始まる前は、市民会館裏の海岸で …

no image

散らし雨の重さのあとに、決意の色の風は来る

桜を叩くように、執拗な雨。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年4月3日 散らし雨の重さを背負って、咲いたばかりの薄紅たちが壁やアスファルトを泣くように染めていた。し …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly