川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

微風、なれど、追い風。

投稿日:

新年度。

リーダーとしての考え方を改めて伝えた、感情も添えて。「寂しい」という言葉を、ちゃんと心に留めてくれたと信じる。
弱る体力、落ちていく感性。それらの対策として「型を作ろう」ということは以前から伝えている。焼き上がっていくたい焼きのイメージ。中に詰める餡やクリームに、未来を望む。食べさせるのではなく、食べてくれるような。その頬の緩むような。そして結果のついてくるような。

ここに薄紅が誇ればと期して桜を植えた誰かがいる。その想いを想像することも春の歓び。

見上げて、いまの自分はどうだいと問う。
まだまだと枝は揺れて、背中をそっと押してきた。

微風、なれど、追い風。
咲き誇るなかを、父の命日。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

神戸ビーフ館グリルなかがわ。

特大です、ビツカツセット。

長崎・壱岐「山桜」。

今日も焼酎。 さわやかでやわらか。基本的に麦焼酎が好きです。

no image

何故吹き替えのない。

観たい映画に字幕版しかないと切なくなる。 バカだから、吹き替えしてくれないとストーリーについていけません。 声優さん、coming soon。

夏の音になった。

屈むような場所から、今ごろはもう、夏の高さだね。

明石の港の潮風を浴びて。

釣り中(の家族を後ろから眺め中)。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)