川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

1日に1冊の本、1日に16時間の意識、を、さて。

投稿日:

メールアドレス(会社PC)を変更。

転送されてくるものも含めて、ケータイには毎日200通以上の迷惑メールがやってくる。
不要なメールを削除するという労力と時間があまりにも勿体なかった。

近々、ケータイのアドレスも変更予定。皆様にはまたお知らせします。

1日に1冊、文庫本を読み終える生活にチャレンジ中。
ここ数日は、仙川環さんメドレー。

本を読むのは比較的速いようで、2~3時間で最後まで読み進めることが出来る。

いろんな世界を覗いて、それを自分の表現や創作、アイデアを出していくときに
役立てたい。 もっともっと自分の時間に浸る時間が欲しい。

1日18時間仕事のことを考え続けろ、と言われた。

さすがにそれは実践出来ていないけれど、せめて16時間は、仕事に繋がるための
ものでありたいと思う。 きっとこんなこと、今しか出来ないと思っている。
だから、今、やりたい。

7月以降の新しい年度の36協定を提出に、明日は労働基準監督署へ。

1日の昼間に届いた労働保険の申告書は、受けとって30分後には、もう、お金を
添えて提出してしまった。自称、日本で一番労働基準法に詳しい経営者(違)。

面倒なこと、嫌なことは早く済ませてしまいたい。

きっと追い風なんてものは、そういう習慣から吹き始めるのではないかと思う。
後回しにばかりしていて、良かったと思える結果に帰結したことはまず、ない。

6月は決算月。締めくくりの一ヶ月にしたい。
どうやら今期は、増収増益という、最高の形で年度を締め括ることが出来そう。

いま、考えるべきは、新しい年度のスタートダッシュ。

新しいサービス(商品)の一部、公開。

8日の月曜日以降に、前川企画印刷のホームページに、順次新しいページが追加
されていく予定(6日7日の週末に、最終調整します)。

【“ちょっと”面白くなる 印刷屋のギフト】

期待していて、ほしい。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

小さな命だけれど、暖かな命だった。

7月23日に、明石川沿いを散歩していると、お腹を空かせたような猫の鳴き声が茂みの中から聞こえてきた。 近づいてみると、手の平に乗るような、小さな、小さな、命、子猫。 捨てられたのではなく、多分きっと、 …

no image

お役に立ちたい3月の半袖。

朝一番で、社内の打ち合わせ。やっぱり何か面白いことをやってみたくて、と、ある実験をしていました。 『神戸で前川企画印刷を見かけたら・・・』 まだ、詳細をベールに包んでは、焦らしてみせるのです。 様々な …

no image

双子の形成されていく写真を見た。

今週になって、仕事はようやく落ち着き始めた。 表向きの御用納めは、金曜日。断裁と納品の都合もあって、土曜日、日曜日もそれぞれ部分的な出社を要する可能性有り。結局最後までバタバタしてしまった。 税理士来 …

久々の特選。

川柳マガジン、笑いのある川柳。

朝靄の明石海峡大橋。

早速写真撮影。 朝の大蔵海岸は、涼しくて、優しくて、挨拶が楽しい。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly